運とは?5つの運の良い状態を解説!

スポンサーリンク
運 運が良い人生を楽しむコツ
スポンサーリンク

「運を良くしたい」
「運がいい」
運について表現しますが、いったい運とはどういうことを表すのでしょう.

この記事では、

  • 運とは
  • 運の良い状態

を解説します.

運の良い状態を理解し、ますます運を磨いていきましょう♪

運とは

運とは、デジタル大辞泉によると

  1. 人の身の上にめぐりくる幸・不幸を支配する、人間の意志を超越したはたらき。天命。運命。
  2. よいめぐりあわせ。幸運。

と表わされています.

この〝人間の意志を超越したはたらき”は色んな形で現れ、最善の組み合わせで、『運が良い』と感じることができます.

今回は、5つの運の良い状態をご紹介します.

運の良い状態

 

 

直観がひらめく

運が良い時は、「直観」がひらめきます.

直観は、過去の経験を材料に、論理的な思考や意識的な観察を介さず無意識に意思決定や判断が行われることです.

イスラエルのある大学の研究によると、人間の直観の的中率は90%とされています.運が良い人は、ひらめいた直観を信じ行動することができます.そのため、ますます運が開けてくるのです.

 

予感が当たる

運が良い時は「予感」が当たります.

何かの大切な選択の前に、「この後、こうなるのでないか」「こちらの道を歩んだ方が良いのではないか」との予感が心に浮かび、それに従うと、その選択が正しい選択になっているようなことです.

逆に、嫌な予感がして、ある行動を避け、何かの厄災を避けたときも、悪い運気を避け、良い運があるということになります.

この予感は直観を用います.
直観は「感覚的に物事を感じ取る」ことで、いわゆる「勘」「第6感」が働くということです.昔から、『虫の知らせ』という言葉があるように、論理的な説明ができない判断のことをいいます.

 

チャンスをつかむ

運が良い時はチャンスをつかむことができます

チャンスは漢字で表わすと『好機』です.
運が良い時は、偶然が支配する状況で絶好の機会をつかむことができます.

意識せずに「必要なとき」に「必要な場所」にいたり、「必要な人」に出会ったりする時は、運が良いといえます.

 

シンクロニシティが起こる

運が良い時は「シンクロニシティ」が起こります

人生において「不思議な偶然の一致」が起こることがあります.その偶然の一致が良いタイミングで起こることをシンクロニシティと言います.

「こうした情報が欲しい」と思っていたら、偶然に観たTVでその情報を放送していた.こちらは質問していないのに、友人が必要な情報を話してくれた.といったことがある場合は、運が良い状態といえます.

 

コンステレーションを感じる

運がいい時は「コンステレーション」を感じます

コンステレーションとは、人生で起こる、一見、無関係な出来事や出会いに、何かの「意味」や「物語」を感じ、その意味や物語に従って選択や行動をすると良い方向に導かれることをいいます.

一見、ツキがない、運が悪い、と思えるようなハプニングが、実は幸運の始まりだったりすると運がいい状態です.日常では、電車に乗り遅れガッカリしながら次の電車を待っていたら、10年ぶりに会う友人と再会した!というようなことです.

とても運の良い人は、人生においてのつらい経験の積み重ねが自分の経験となり、今の成功に導いたが感じることができます.

 

まとめ

今回、5つの運が良い状態について解説しました.

コンステレーションのように、マイナスと感じることに視点をもたず、ポジティブに捉えることが自分の運の良さに気づくことができます.運の良さを気づくことで、ますます運が良くなります.

今回ご紹介した運の良い状態を意識して観察してみてください!

 

運の良い状態になるための覚悟をまとめています

 

この記事は、田坂広志著『運気を磨く~心を浄化する三つの技法~』を参考に作成しました.

最後まで読んでいただき、ありがとうございました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました