『愛がうまくいかない理由』を解説

スポンサーリンク
愛がうまくいかない愛のこと
スポンサーリンク

パートナーだけでなく,家族,友人,職場の人との人間関係はうまくいっていますか?

人間関係の基本は『愛』です。

大きな希望と期待とともに始まりながら,決まって失敗に終わる活動は愛の他には見当たりません.

今回は,なぜ愛がうまくいかないのか?その理由について解説していきます.

愛がうまくいかない理由

愛がうまくいかない理由には、愛することの対する捉え方の間違いがあります。

  1. 「愛されること」が重要と考える
  2. 原因は「相手の問題」という思い込み
  3. 最初の『恋に落ちる』と持続的な状態で『愛する人とともに生きる』を混同

この記事は,2020年改訳・新装版に出版されたエーリック・フロム著「愛するということ」を参考に書いています

この記事は,2020年改訳・新装版に出版されたエーリック・フロム著「愛するということ」を参考に書いています

 

では,それぞれの理由について説明していきます.

 

理由1「愛されること」が重要

愛がうまくいかない理由の1番目として,自分が愛する力をつけることより相手に「愛されること」が重要と考えることにあります.

「どうすれば愛されるか」「どうすれば愛される人間になれる」という相手に愛されることが重要と思っていることです.それは、相手次第の受け身の状態にあります。

男女別の愛されるための目標

  • 男性側の目標
    できる限りの富と権力を得ようとする
  • 女性側の目標
    外見を磨き,魅力的にする

つまり、相手に愛されるために、自分という商品の価値を高めることに視点を置いています.

この状態は、自分が相手をどう愛するかは二の次なので、愛がうまくいかなくなります。

 

理由2「相手の問題」という思い込み

愛がうまくいかない理由の2番目として、愛の問題は相手の問題であって、自分の愛する能力の問題でないと思い込んでいることです.

【自分が愛するにふさわしい相手】【自分が愛されたいと思えるような相手】を見つけたいと思います。そして、自分に合う条件も持つ相手に出逢うのは難しいと考えます.

恋愛対象とうまくいかない時に、自分を愛してくれる相手ではないことが問題だと考えます。

それが愛がうまくいかない原因と思うからです.

恋愛対象を探す時の過ち

無意識に恋愛対象(相手)を商品として、自分に合う商品を探そうとします.

恋愛対象=お買い得商品
 ・魅力的な社会的価値がある人
私の長所・可能性など全てを受け入れる人
・私を欲しがってくれる人

「恋愛対象を探すこと」を、「お買い得商品を探すこと」と同じように行動してしまいます.

  1. 恋愛対象として「お買い得商品」を探す
    (自分にピッタリなお得なお相手を探す)
  2. 相手も私も,お互いに自分の価値を交換できる最良の商品(相手)を見つけた時に,恋に落ちる

しかし!

この商品取引ができる商品(相手)になかなか出会えない!
だから,私はもっと商品として価値を上げないと!!
もっと私の価値を認めてくれる人を探さないと!!!

つまり、愛がうまくいかない原因は『私にピッタリな相手がいない!価値を認めてくれない相手が問題!と考えること』にあります.

 

理由3『恋に落ちる』と『愛する人とともに生きる』を混同

3番目の理由として,恋愛初期の『恋に落ちる』と恋愛の持続的な状態『愛する人とともに生きる』が同じだと考えるからです。

恋に「落ちる」という最初の体験を愛していると勘違いします.

出逢って間もない時は心が躍り、胸のときめきく瞬間を奇跡的な瞬間と感じます.

しかし...
恋愛初期の胸のトキメキは継続しません.親しくなるにつれ、奇跡は消え、反発、失望、倦怠感が訪れます…

この相手との愛は冷めてきたと考え、うまくいってないと感じてしまいます。

つまり
恋愛初期のお互いに夢中で頭に血が上った状態を愛の強さの証拠だと勘違いしてしまってることに原因があります。その状態は2人がどれほど孤独だったかを示すだけなのです.

 

うまくいかない愛を克服する方法

愛がうまくいかない理由は、相手次第の受け身の状態にあります.

失敗を克服するには、まず原因を調べ、愛することを学び経験することです!

愛されようとすることではなく、愛することが克服する唯一の方法です.

愛する力を高める方法をまとめています.

 

 

まとめ

人は心底、愛を求めています.

しかし、愛されるために成功や富を求める技術にエネルギーを費やし、愛することのエネルギーが残っていないのが現状です.

愛されるためにも、まず自分が相手を愛することができるようにすることが大切です.

 

この記事は、エーリック・フロムの「愛するということ」をもとに、記事をまとめています.

本の概要

著者:エーリック・フロム
訳者:鈴木 晶
出版社:紀伊国屋書店
発売日:2020/8/28
本の長さ:212ページ
寸法:13.5×1.8×19.5㎝

私はkindle版を読みました.
本の長さ:154ページ
ファイルサイズ:1007KB

 

最後まで読んでいただき,ありがとうございました.

コメント

タイトルとURLをコピーしました