韓国ドラマ「その年、私たちは」第1~2話あらすじ

スポンサーリンク
その年 私たちはNetflix配信
スポンサーリンク

Netflixで独占配信中の韓国ドラマ「その年、私たちは」の詳細なあらすじです.

お役に立てれば幸いです!
ドラマ楽しんでいきましょう♪

登場人物

役名俳優
チェ·ウン(コオ)自由奔放な建築イラストレーター(29歳)チェ·ウシク
クク·ヨンス現実的な広報専門家.(29歳)
独立心が強く、自分の気持ちを他人に気にさせないタイプ
キム·ダミ
キム・ジウンチェ·ウンの高校の同級生.ドキュメンタリー監督(29歳)キム・ソンチョル
NJトップスターであり、トップの座を逃さないアイドル(25歳)ノ・ジョンウィ
チェ・ウンの周辺の人々
チェ·ホチェ·ウンの父(56歳)パク·ウォンサン
ク・ウノウンのマネージャー(27歳)アン・ドング
イ・ヨンオクウンの母親(53歳)ソ・ジョンヨン
ヨンスの周辺の人々
イ・ソリヨンスの唯一の親友(30歳)ドラマ作家から飲食店を経営パク・ジンジュ
カン・チャギョンヨンスの祖母.ヨンスを育てた(75歳)チャ・ミギョン
ジウンの周辺の人々
パク・ドンイルドキュメンタリー制作会社チーム長(39歳)
10年前、ヨンスとウンのドキュメンタリーを企画・撮影した人
チョ・ボクレ
チョン・チェランドキュメンタリー制作会社助演出(27歳)チョン・ヘウォン
イム・テフン最近入社した新人PD(27歳)イ·スンウ
RUN会社の人々
パン・イフンRUN会社の代表(40歳)ホ・ジュンソク
キム・ミョンホ企画チームメンバー(28歳)パク・ヨンウ
チ・エイン企画チームメンバー(27歳)ユン・サンジョン
カン・ジウン企画チームインターン(26歳)チャ・スンヨプ
NJの周辺の人々
パク・チソンNJのマネージャー(33歳)パク・ドウク
アン・ミヨンNJのスタイリスト(31歳)アン・スビン

*出典:SBS

その年、私たちは あらすじ

第1話 僕はその夏、君がしたことを知っている

2011年5月
チェ・ウン(19歳)とクク・ヨンス(19歳)は、高校のクラスの隣同士の席。成績が学年1位のヨンスと最下位ウンの1カ月の学校生活を共にするドキュメンタリー番組の撮影を受けていた。能天気なウンと自己中心なヨンスは性格が反対のため何をしても調子が合わず、口論になっていた。10年後はどうなっているかのインタビューで、ウンは「平和に平穏に暮らしたい」、ヨンスは「成功した人生」と答えていた。

ドキュメンタリーはネット上で人気となっていた。

10年後
ヨンスは、広告専門家となっていた。広告依頼元のチャン チーム長に見下され怒ったヨンスは、人気の建築イラストレーターのコオとのコラボを提案する。高校生の時、人に見下されるとは思っていなかった。ヨンスはコオとのコラボの実現に向けて準備をする。

ウンは、高校生の時に予想した穏やかな生活を送っていた。実家の大衆食堂を手伝いながら、家族にも秘密の人気のイラストレーターになっていた。

ヨンスは親友イリに勧められた男性に会いに行く。3回断っていたため、ヨンスは冷たく断られる。その場を性格が似ているチャンチーム長に見られ笑われる。一緒に食事をすることにする。

ウンの小学生からの同級生でドキュメンタリー監督のジウンは、上司からヨンスとウンの10年後を撮影するように指示される。ジウンは上司に撮影は無理だと言う。理由は2人が5年間付き合い、今お互いに憎み合っているからだった。

ウンのアトリエにヨンスが訪ねてくる。ウンはヨンスの顔にスプレーをかける。

 

第2話 1792日の夏

2011年9月8日 交際50日目 高校生のウンは大学に落ちたら、ヨンスの通う大学近くの予備校に通うという.ヨンスは「そんなに好き?」と質問するが、ウンは返事をしない.

交際340日目 毎日大学の講義後に会おうとするウンに、交際750日目 風邪を引いたヨンスを看病するウンに、交際1565日目 遠くに就職したらついてくると言うウンに、それぞれヨンスは同じ質問をするがウンは大事な話をしてくれなかった.

交際1670日目 ヨンスは「もしも別れたら?」と質問すると、ウンは別れないと答える.離れていったら?と質問するヨンスに、ウンは死ぬまで二度と会わない.と答える.

 

ヨンスは、ウンではなく画家コオに広告のコラボ企画の依頼に来たと言う.ウンは、人前に出たくないこと、ヨンスの依頼であることを理由に冷たく断る.5年ぶりに会う二人は口論になる.
ヨンスが家を出るとウンはヨンスに塩をまいた.ヨンスを冷たく追い出し痛快な気持ちになるはずが、ウンの気持ちはスッキリしなかった.

ウンは、マネージャーのウンホからウンの好きな建築家の設計の建物だからヨンスの仕事を受けるように説得される.2人でプレオープンのショップに見学に行く.ウンホはチーム長と打合せ中のヨンスを見かけ、嫌がるウンを連れてヨンス達に挨拶をしその場を離れた.

ヨンスはチーム長にコオが見つからず計画変更を話すが、チーム長とお酒を飲み泥酔した時に『元彼がコオだ』と話をしていた.チーム長に公私混同であれば担当者を変え計画を進めると言われる.困ったヨンスがエレベーターに乗ると、ウンが一人で乗っていた.

ヨンスはウンの態度が幼いと責める.ウンは「真剣に向き合っていたら受け止められた?」と聞くと、ヨンスに同じ質問を返される.ウンは何も答えず帰り、逃げる自分は幼いと感じる.

ジウンは後輩の勧めで高校時代のドキュメンタリーの原本を見直し、10年後のウンとヨンスの撮影を受けることを決める.ジウンはウンに撮影の強制参加させる.

 

以上、最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

 

 

タイトルとURLをコピーしました