韓国ドラマ「二十五、二十一」の概要・相関図・登場人物紹介・あらすじ

スポンサーリンク
Netflix配信
スポンサーリンク

Netflixで独占配信の韓国ドラマ「二十五、二十一」の概要・相関図・登場人物紹介(世紀末前の遺言)・あらすじをまとめています.

お役に立てれば幸いです!
ドラマ楽しんでいきましょう♪

「二十五、二十一」概要

1998年,時代に夢を奪われた青春たちの戸惑いと成長を描いた清涼ロマンス

原題:스물다섯,스물하나
演出:チョン・ジヒョン
脚本:キョン・ドウン
共同制作:Hwa&Damピクチャーズ
出演:キム・テリ,ナム・ジュヒョク
放送:tvN,Netflix(土・日曜)21:10~
放送期間:2022.02.12~2022.04.03(全16話)

韓国公式サイト

 

相関図

二十一、二十五 相関図

*韓国公式サイトより

 

introduction

#1. 永遠な夏、お互いを成長させる愛

22は、IMFで家が滅びた没落した老人だ。
18歳のIMFでチームがなくなった中途半端なフェンシング選手だ。

1998年、時代は彼らの夢を奪い、金を奪い、家族も奪った。
時代が与える試練に2人の青春はびしょびしょだった。
22歳はあきらめて、18歳は反抗した。
お互いを見ながら学んでいった。 あきらめ方、反抗する方を。
そして一緒にいる時は 時代をドアの外に置いて
しばらく幸せになることにした。

すべての生き物が熱烈に成長する夏、
未熟な若者たちはむやみにお互いを信じ合った。
成長痛は、真っ白な日差しと同じくらい暑かったが、一緒だったので嬉しかった。
幸せは波のようだったが試練は暴風だった.
やたらに押し流されたり殴られたりして互いの手をたやすく逃した.
恨まず憎まなかった。 理解したし、理解した。
離れていてもお互いを育てた。 一緒に大人になっていった。

初恋が初恋だと知らずに通り過ぎていた。

#2 宿命のライバル戦

ライバルでありパートナー、縁であり悪縁、ライバル…。

18歳の同い年のナ·ヒドとコ·ユリムの2人がいる。
五輪金メダリスト、コ·ユリムの前に
聞く耳の中に「上」「聞く耳」や「姫道」が現れる。
ヒドにとってユリムは夢でありライバルであり、
ユリムにとってヒドはトラウマだ。

ユリムの学校にヒドが転校しながら
二人は同じフェンシング部の仲間になる。
しかし運命は二人にうまくやっていける機会を与えない。
国家代表も初めてのくせにヒドはユリムとアジア大会で金メダルをかけて対決する.

お互いに向かって初めて刃先を向け合った2人、
それが始まりだった。
以後、全ての試合の最後の試合は2人のライバルのものだった。
世の中は二人のライバルの勝負に関心が多く、多いだけしゃべった.

刃先を睨んで吠えるのは競技場の中でも外でも同じだった。
すべての瞬間を決勝戦のように戦った。

二人はお互いを誰よりもよく知り、誰よりも理解し、誰よりも憎む。
そして、誰よりも愛するようになる。
青春は、たまにそういうことをやり遂げるから。

#3 私の母、母、そして私

2021年15歳の少女は、好きという訳で飛び込まない
好きなこととできることが違うことを知っている。

最高でなければ、食べていくのが大変なことを心配する。
媒体は公務員試験や建物主といった単語を広め、時代を自嘲する.
中二病は「ミーム」となって人々の嘲笑を買う。

2021年はバレリーナが夢の中学2年生のミンチェの足を縛り上げる。
ママと喧嘩したミンチェは夏休みの間母方の祖母の家で過ごすことにする.

そしてそこで母親の古い日記帳を見つける。
その日記帳で、
韓国フェンシングの新しい歴史を書いたナ·ヒド選手ではなく、
十八のわがままに出会う。
お母さんの夢、お母さんの友情、お母さんの··· 旧彼氏まで。

母方のおばあちゃんは
「すべての時代はその時代だけが担った十字架がある」と述べた。
暮らしが良くなったからといって、暮らしがよくなるわけではないという。
ミンチェはそのすべての話が曖昧だ。

しかし、一つは正確に分かった。
慈愛顔で賢者のようなことを言うおばあさんが、母にどれほど無慈悲だったか…

#4.時代の縁、五人の青春たちのケミストリー

あの頃、5人の青春があった。

やればできる! 「情熱、覇気、挑戦」が職業のエネルギー過負荷ビーグル、諦めることを知らないナ・ヒも、フェンシングウェアを外したら、 天上可愛い賞、言葉の端ごとにハートが付いている

愛らしい外柔内剛コ・ユリム、
cyworldのトゥメムナム(トゥデイ・メンバー・男の略語)が目標だと主張しているが
特に何もしないあの時代のインフルエンサー  ムン·ジウン、
全校1位であり学級委員、しかし、胸の中は反抗心に満ちたジャンヌ·ダルク  チ·スンワン、

そしてこの問題は、多くの青春たちの解決師である
もっと成熟した青年、 それでも若造ベ・クイジン。

どこを見ても似たところのない5人は
共にする理由も目的もなかったが、ただ一緒にいるから一緒にいることになった。

友情なのか愛なのか分からなくなるときめきも、
悩みの原因がお互いになってしまった苦痛も、みんな一緒だったから起こったことだ。

永遠に一緒にいると思っていた、 その「時代の絆」たち。
あの頃を愛するのは時代の縁を愛したという意味だ。

今は遠くなったとしても胸の片隅に剥製されて
永遠に輝いているみんなの1ページ。

それでは、その一ページを広げてみよう。

登場人物紹介(1999年12月30日の遺書)

ナ・ヒド

18歳/現在.41歳
太陽高フェンシング部/フェンシング国家代表選手

ヒド19歳の遺書

今日は1999年12月30日、明日になれば地球が滅びるというばかげたことを信じているわけではない.19歳は、それほどナイーブな年ではない.それでも念のため書く.

生きてみると、人生は万が一のことでも、花火のように打ち上げられる.地球が滅亡した後、生き残った人類がこの遺書を発見することもありうるので、私が悟った人生の真理を3つ残す.

人生は一発だ.そのため、一発ですっと行くこともある.悪いことは一度に起こる.世の中は結局一人で生きるものだ。 3つとも直接経験して体得した真理だ。 もちろん経験で覚えたくなかった.ふぅ…とにかく細かい説明に入る.もちろん、地球が滅びるというばかげた話を信じているわけではない.

  1. 人生は一発だ。 そのため、一発ですっと行くこともある
    「私の人生の一発は、私が神童だったということだ。 刀を持って8年ぶりに国家代表になった。 (もちろんしばらくできない時があったが省略する)とにかくそれがフェンシング神童の序幕だった。
    そして翌年の夏、コ·ユリムと共にアジア大会決勝戦に進出した。 フェンシング神童の没落だった。 どうして没落なのかって? オリンピックメダリストのコ·ユリムを破ったが、明らかに没落だ。 判定の是非があり、私は記者会見場で覇気溢れる騒ぎを起こした。
    うーん、そうやって4千万アンチを従えることになった。 人生一発でぶっ飛ぶ瞬間だった。 考え直しても頭に来るよ。 判定も試合の一部だって! その判定がコ·ユリムの味方ならいいし、 私の味方ならダメなの? なんで私がライジングスターのコ·ユリムの行く手を阻むの?
    ふっ…地球が滅びてはいけない、せめてオリンピックが開かれるまでは。 「私は証明する。 「4千万人のアンチたちにまともに見せてくれるだろう。 コ・ユリムを堂々と下して金メダルを取る姿を…。 金メダルの永遠な主役がいるとしたら、それは私だ。
  2. 世の中は結局、一人で生きるものだ。
    あの事件以来母からも受けられなかった関心が、4千万から一気に寄せられた。 それも熱烈に。 ああ、母も関心を与えてくれた。 とても縁起の悪いやり方で。
    実は驚きもしない。 父が亡くなった日にもニュースをしに行った人だから。 空っぽの葬式場で、私一人、お父さんの傍に立っていた。 パパが可哀想でたくさん泣いた。
    それ以来フェンシングに打ち込んできた。右腕がより長くなり、右足がより太くなるように。 刀の先に集中する時は母を憎まなくてもいいから。
    そう、世の中は結局一人で生きるものだ。 応援、激励、慰労… お母さんもしてくれないのに、 誰もしてくれないよ。
  3. 悪いことは一度に起こる。
    コ・ユリムに憧れたことがあった。 あの子と一緒にフェンシングがしたくて、テアン高に転校までした。 それが最初の悪いことだった.
    そして、未だに考えてみると血圧が上がるアジア大会の決勝戦。 それが二度目の悪いことだった。
    3つ目の悪いことは、あれほど憎くてたまらないはずのコ・ユリムが、なんとなくかわいそうになり始めたことだ。 その子が私にだけ悪い人で、私以外の全ての人に優しいということを悟った時、そして決定的に…はぁ… いや、この話はやめよう。
    コ·ユリム、私は死ぬまであなたを忘れられない。 君は私に起きた一番悪い事でありながら、一番… 手におえない仕事だ。それでもテヤン高校に来て良いのは、ヤン·チャンミ選手をコーチの先生に置くことができるということだ。チ·スンワンとムン·ジウンにも会った。 2人とも各自のやり方で狂った子たちだったから良かった。 その子たちが私を応援している。
    そして、ペク·イジンにも会ったね。 フルハウス11冊を密かに貸していた本レンタル店のアルバイトであり、毎朝新聞を入れてくれる新聞配達人。そして今は… 私のインタビューの一言に命をかけたドジな新人記者。
    「お前は刀を上げる人だから敵が多いようだ。 でも、時にはペンが刀より強い。 信じてみろよ。」そう言った。 その言葉が慰めになったことがあった。 うーん.. そういえばママにはなくても私はそれなりの応援, 激励, 慰めを受けていたね..[2]は… 考え直してみる必要がある。 勝手にしてください。
    今ペク·イジンからメッセージが来た。 私がさっき送ったメールの綴りを指摘する。 [たまに刀の代わりにペンを持ってみるのはどう?] だって… ムカつく。

あ、もう一度言いますけど、地球が滅亡するなんてうわごとを信じているのではない。
遺書の末

ペク·イジン

22歳
コミックレンタル店アルバイト/UBSスポーツ記者

ペク·イジンの遺書(23歳)

明日は地球が滅亡すると切実に信じている弟が強要して使う。 人々は信じたいものを信じるというが、弟は地球が滅びることを望んでいるのか。 そういうこともあるかもしれない。 家はめちゃくちゃになり、家族はばらばらになった。裕福でかわいかった末っ子の家は、見知らぬ親戚の家の屋根裏部屋になった。人生が続くより地球が滅びてしまう方が漠然とましだと思うだろう。

IMFは、予想より厳しく我が家を焦土化させた。 母は浦項へ、父は群山へ身を隠した。 借金がなくなるか心配で離婚もした。 愛し合っている二人は最近ネットのカメラで涙の再会をしている。 軍隊に行って6ヶ月ほど経った頃、国家は私に除隊を命じた。 「今は国ではなく、あなたの家庭を守れ」と。 家族を養うんだって. 家族は、国家が私に与えた責任だった。

夢は贅沢だった。 どんな会社でも面接を受け、結局、私を受け入れてくれたのは放送局だった。 面接の時、シン·ジェギョンアンカーが私に聞いた。 「夢は何ですか。」
隣にいた面接生たちは 「正直な記者になりたいです。 アンカーを目指しています。」と答えた。 私は、「うちの家族がもう一度集まって暮らすのが夢です」と答えた。
「記者は痛みに共感できなければならず、その資質を持っているから選ばれた」と後でシン·ジェギョン先輩が話してくれた。
「君がサンイル建設の長男なんだって? 軍隊は父親が外してくれたのか」23歳で放送局の記者になったら先輩たちが皮肉って聞いた。 生計維持困難による除隊だと説明すると「没落した若旦那だな」と言った。 何となくその言葉が気に入った 時々「坊っちゃん」の瞬間と「没落」の瞬間が交差した。

最近の先輩は私を「狂人」と呼んでいる。私は先輩に言われたら何でもして、何でもできた。 潜伏取材をする時は化粧品のセールスマンになり、警護員になった。 また、アジア大会が開かれると、急いでスポーツ記者になった。 私はスポーツについて何も知らなかったが,今ではフェンシングの解説もできる. 家に積もった借金より、悲しみに沈んだ家族より、IMFより、 先輩が怖かった。

除隊後に会った人の中で一番印象的な人は断然ナ·ヒドだ。
時代も家庭もあの子の夢を踏みにじったが、すっかり見事に反抗した。
もちろん反抗の方法はあきれたが.. 何ものも私の夢を邪魔することはできないと言うあの子からたくさん学んだ。
全国民が彼女を罵倒した日、私はその子も被害者だと思った。傷ついた心を慰めたかった。 あの子が出会った世の中はみんなこんなもんだったんだろう。
シン·ジェギョン先輩がヒドの母親であることは後で分かった。 その後、私はヒドの裏にある背景を一番近くで見守る人になった。 その礼儀のない石頭が理解できた。 あの子の礼儀正しくない話術が理解できるようになった.

そして欲が出てきた。 見る目のないところでヒドが流した汗と負傷、寂しさなどを世間に知ってほしかった。 「フェンシングでは相手との距離維持が最も重要だ」と話した。
記者も同じだ。 取材源との距離維持が重要だ。 ヒドと私は近かったが, 近くあってはならなかった. ヒドと私の間の距離はいくつが正解だろうか。 まだ新入りなのでよくわからない。

隣で一緒に遺書を書いている私の弟は本当に真剣に見える。 何て書くんだろう。 地球が滅びなければ遺書を読んでみるというべきだ。

それより、私の弟のイヒョン。 地球が滅亡するより、人生が続く方が ずっといいんだよ。 私が必ず君に見せてあげる。 人生そのものがどれほど輝いていて美しいか。 その前にお前から私の家に連れて来るよ。 一緒に生きよう、約束しよう。 今ヒドからメールが来た。 また、綴りを間違えた。

寂しい...なんて..これは本当に我慢できない。
行って顔を見て問いたださないと。

コ・ユリム

18歳
テアン高フェンシング部/フェンシング国家代表

コ・ユリムの遺書(19歳)

地球が滅びるかどうかは分からないが、年末だ。 年の暮れはなんとなく気分が温かくなる. クリスマスツリーもきれいだし、照明もキラキラと光り、街から出てくるキャロルも聞くのにぴったりだ。 だから遺書を借りて、私が愛する人に気持ちを伝えたい。 でも本当に滅亡するかもしれないから、 みんなが生きている時に、 明日読んであげないと。

両親に
お母さん、お父さん。ユリムです。 お母さんは今頃、軽食屋を閉めて皿洗いをしているでしょうし、お父さんは高速道路の上にいるでしょうね。 夜の運転に気をつけていますか。 考えてみたら、地球が滅亡したら 絶対にダメだと思う。 私が両親を贅沢させるって 言ったじゃないですか。 まださせてあげられなかった贅沢が たくさん残ってるからダメだ。
私は両親と一緒にいながら幸せではなかったことがありません。 苦労は私がもっと苦労させたんだよ。 破れたしたフェンシング手袋とジャケットと… その針もあまり入らないのを お母さんがいつも縫ってくれたじゃないですか。 苦労させてごめんなさい。 たくさんの運動の中で、お金がかかる運動をして ごめんなさい。 私は両親がとても誇らしく、心から尊敬しています。 あ、もちろん好きなのはニンジンだよ!

チウンに
私は一生運動部として生きていたから、学校は体育館だったの。 残りの空間はいつも不思議に馴染みがなかった。 違う人生を生きる、他の子どもたちの別の空間。 私は異邦人だった。 それなのに廊下で、売店で、教室でしきりにニガが出てきた。 お前は私に体育館の中と外の境界を消してくれた人で、学校がどんなに面白い所なのか教えてくれた人だ。 そしてあなたが連れて行ってくれた世界が私は本当に涙ぐましいほど良かった。 いつも私に別世界を見せてくれるチウン、あなたに会ったのは本当に奇跡だよ。 長い間、一緒にいようね。

最後にヒドへ。
あなたが最初私の学校に転校してきたとき、私が冷淡な態度をとって傷ついたでしょう? ごめんね。君は私の人生で最初の恐怖だったんだ。 多分君が転校してきた瞬間、私は予感した。 お前が怖くなることがもう一度起きるということを。 それで最善をつくして君が嫌いだった。 やっぱり予感は的中したし、アジア大会以後マスコミは二人をくっつけるのが好きだった。 ライバルだと呼んで悪縁だと呼んで、勝手に私たちをもてあそんだの。

でもヒドだよ。 どうして私たちが悪縁でいられるのか。 私はあなたに勝とうと努力して、あなたは私に勝とうと努力して、私たちは果てしなく強くなった。 どんな試合でも、一番最後の試合に立っているのは君と私だった。 そのたびに、我々の決勝戦は、自分の誇りであり、君への尊敬であり、自分への信頼だった。 君と私は刃先を向け合っていたけど、私にはすべての瞬間が私たちだった。 オリンピックまであと1年半だよ、ヒド。 「全世界が我々の試合を見守るようにしよう」 その時もフェンシングの最後の試合は、我々2人のものなので…」。 マスコミが私たちをもてあそんだように、その時は私たちがマスコミをもてあそぼう。 相変わらず仲が良くないふりをしてみようか。 それとも愛してると言うか? 何であれ、考えただけでも楽しい。 もちろん、金メダルは私が取る!

でもヒド、これは君にだけ打ち明ける話だけど。
私、最近フェンシングが上手くできない。 なんでダメなのかよくわからなくて、 もっと疲れてるみたいだ。
これもまた過ぎ去るだろうか. 心からそうしてほしい。

ムン·ジウン

18歳
テアン高・インフルエンサー

ムン·ジウンの遺書(19歳)

神様、お聞きになっていらっしゃいますか。 急に19年ぶりに初めて呼んで、 ごめんなさい。 明日地球を滅亡させる計画だと聞きました。 少しだけ遅らせていただけませんか。 私がまだ時間がもっと必要なんです。 まだ、サイワールド(싸이월드 )やトゥメムナム(투멤남이)にはなれませんでした。

本当に僕が今年 最も頑張ったんです。 このまま死んだらどんぐりに生まれ変わりそうなんです。 実際トゥメムナムの選定基準があまりにも顔の方にだけ偏っていて、僕のような本当のファッションリーダー達が損をしているんですよ。 来る21世紀は個性とスタイルの時代じゃないですか。 神様は神様だから知っていてください。
服は何を着ますか? なんかプラダ着そう。 羨ましいですね。私もルイ·ヴィトンの財布を買おうとお金を貯めてそのままビデオカメラを買ったんです。 それが私の芸術世界にもっと役立つと思います。 分からないじゃないですか。素晴らしいMVを撮ることができるのか。

ふぅ…ビデオカメラを買って一ヶ月も経ってないのに 滅亡だなんて。 滅びることを知っていたら分割払いで暮らすのに… へえ、承知しました あえて滅亡させたら、 胸がすっきりするなら···。 そうですね。 まあ、いい人生だったと思います。 僕と同時代にジャウリム、マイケル·ジャクソン、 チャン·グクヨンが住んでいました。 祝福でした。 インスピレーションをもらいました。 ありがとうございました。

僕のそばには生まれた時からスンワンがいました。 両親より私のことをもっとよく知っている愛する友達で、僕の永遠なスキャンダル相手。 あの子はいつも僕をもっと良い人にしてくれました。 今までありがとう、愛する僕の友達。 そしてヒドに会って、 イジンさんにも会いましたね。

「最も重要なのは、ユリムに会いました。 はぁ…さん。 本当に滅亡しなければいけませんか? 私はまだユリムに告白もできてません。 地球滅亡より告白してふられるのが10倍は怖いです。 ユリムのような国家代表スーパースターが、 私を好きになる可能性はありますか? でも、本当に地球が滅びるかもしれないから、明日は告白しようと思います。 私に振られたら… その時は約束通り滅ぼさなければなりません。 OK? 滅亡が恥ずかしいよりはましだからです。

でも告白もして滅亡もしなければ… 僕はどうすればいいですか?

チ·スンワン

18歳
テアン高・全校1位で学級委員長、しかし胸の中は反抗心でいっぱいのジャンヌ·ダルク

チ·スンワンの遺書(19歳)

海賊放送のリスナーの皆さん、こんにちは。 DJワンスンです。
今日は1999年12月30日、インターネット放送を開始してちょうど500日目になる日です。 しかし、それより重要なニュース、予言者によると、明日地球が滅亡するそうです。 あのバカな人たちの言葉を信じて、今日は私の遺書で放送を始めてみます。

この時代について考える。 社会について考える. 社会が個人の生活に与える影響について考える。 政府と政策まではいかなくても、19歳の私に学校が、教師が、私の生活に及ぼす影響について考える。 夜間自律学習と銘打って行われる強制打率学習と,権威を暴力という形で濫用する教師たちと,個々人の多様性を尊重できず一律な人を送り出す工場とも同じ学校のシステムについて考える。 機会として与えられた機会ではない機会と、選択という意味で与えられた選択ではない選択について考える。

私はこの放送を通じて数多くの問題に質問を投げかけ、リスナーの皆さんは共感して応えてくれた。 「学校は社会の縮小版」と言った。 希望がない。 このような社会なら滅びてもいいようだ。 間抜けな予言者たちの予言を応援する。 ここは、閉じてもいい世界だ。

12月30日、海賊放送初の曲です。
メタリカのMaster of puppets。

シン·ジェギョン

UBS9時のニュース メインアンカー&ヒドの母

シン·ジェギョンの遺書(45歳)

先週、韓国放送局の教養番組で終末論について扱った。
視聴率38%。 人々は世の中が終わることを望んでいるのだろうか。 それとも世の中が終わるのではないかと不安なのだろうか。 いや,少なくともここでは,人を使わないで私のことを書こう. これはニュースじゃなくて遺書だから。

私は何を望み、20世紀の端で16世紀の人の予言などを意識するのか。
「とんでもないことが起きるのを、あまりにも多く見ながら生きてきた。 毎日刻々、そのすべてのことを人々に伝えるのが私の仕事だった。 もし地球が滅亡すれば、それをニュースで伝えられるだろうか。 少しの間だけ速報でも伝えることができれば、私が滅亡を迎えるところはヒドの隣ではなく、また放送局だな。 ヒドのお父さんを見送る時のように、私は最後の瞬間までヒドを傷つけるだろう。

ヒドが早く大きくなることを願った。
ヒドにとって私は母親である前にいつもジャーナリストだった。 ヒドがフェンシング選手だから悲しくても、痛くても試合に出るように、私はアンカーだから悲しくても、痛くてもニュースを伝えなければならないということを1日でも早く理解してもらいたかった。ところがヒドは私を理解したとしても許さない. いつも状況はヒドと私の仲をこのようにする。 私を憎悪するヒドを理解する。
私を憎悪するチャンミも理解する。 ヒドのコーチ先生としてチャンミに会った。 チャンミは私のキャリアでは初めてだった。 彼女とのプロセスはすべて初恋のようにわくわくし,痛みを味わった. そして学んだ。 誰かと親しくならないようにしよう。 特に取材源と友情を築くのはやめよう。 私は彼の弱点を全国民に押しつけられる人物だ. 必要であればしなければならない人だ。

誰かには裏切りで、誰かには傷のある私の職業をとがめない。 私が失った分世の中が少しよくなることを願うばかりだ。 ただ、厚かましくも許されたい。 たまには理解してもらいたい。 私の大切な人たちから。

ヤン·チャンミ

44歳
テアン高フェンシング部コーチ

ヤン·チャンミの遺書(45歳)

さっき午後の練習時間にヒドに、「明日、地球が滅びるというが、今日は何をするのか」と聞いた。 ヒドには「地球が滅亡するといううわごとなどは信じない」と話した。 滅びるかもしれないよ、可愛い子。 一寸先も保障できないのが人生だぞ。 だから私も遺書を書いてみる。 ところで遺書には何を書けばいいかな?

このごろはなかなか楽しかった。 ヒドが転校してきてからチームの雰囲気も変わり、元気が出る。 互いに勝とうと焦っている。 昔のこと思い出してよかった。 私も、お前たちと同じくらい 熾烈だった瞬間があったんだ。 運動で始まり、運動で終わったそのうんざりする日々だ。 うぅ…吐いた。 でも五輪でメダルも取って注目も受けて、大統領とご飯も食べて… 多くの栄光に浴した. 人々は引退した選手たちを不憫に思う。 人生の全盛期をすべて享受してしまってこれから輝くことのないお古だと思う。

生意気な視線だろう。 人生の全盛期を私ほどまぶしく享受したこともないものが…
私はいつも現在を生きる。 あの時の私も、今の私も、現在を生きる。 私は今穏やかに流れる私の人生が好きだ。 運動選手ではなく、完全な’私’として生きることができるこの時間が好きだ。 すごくいいね~。 うん~

言葉が出てきて言葉だが、子供の世話をする保護者らを見ながら、結婚のことを諦めたような気がする。 コーチ生活をしていると、父兄たちは本当にうるさくする。 いや、誰かが上手くやれって言ったのかな? 自分たちが先に勝手によくしてくれたのに、国家代表を選ばなかったため、私を国家代表コーチの座から引きずり下ろした。
なんと···。 それをニュースで 騒がせたのがなんとシン·ジェギョンだよ。 私はあの子と友情があると思った。 犬のような記者たち その後マスコミから非難を浴びた。 ところでそのシン·ジェギョンがヒドの親として現れたじゃない。 すごい方になって敬語になるところだったじゃん。

私はヒドがちょっと痛む。 シン·ジェギョンがヒドにどう接しているかは火を見るよりも明らかだ。 選手生活、それも国家代表というのは どれだけ大変なことか。 分かった。 私がもっと頑張ればいいんだよ。 ヒドも、クロヒョウの子みたいなのが 可愛いじゃん。 お前、私のせいでフェンシングを 始めたんだよ。 考えてみると、地球が滅亡するようなことではない。 子供はまだ十分に恵まれていない. そのつらい生活に当然の補償を受けなければならないということだ。

そして、滅亡できない理由がもう一つ。 先週、超高速インターネットを設置した。 名前だよ、ADSL!!!!!!!!!!!!!!!!! もう事務室でもスタークラフトができるという意味だよ。 ふふ…

以上です.

あらすじ

『二十五、二十一』1~4話 詳細あらすじ

『二十五、二十一』5~8話 詳細あらすじ

『二十五、二十一』9~12話 詳細あらすじ

『二十五、二十一』13~16話 詳細あらすじ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

タイトルとURLをコピーしました