韓国ドラマ「花様年華」まとめ(相関図・登場人物)

スポンサーリンク
花様年華Netflix配信
スポンサーリンク

韓国ドラマ「花様年華 -人生が花になる瞬間-」の相関図や登場人物など情報をまとめています.

内容

  • ドラマ概要・企画意図
  • 相関図
  • 登場人物

視聴と共に情報を追加・修正していく予定です.

大人の恋愛ドラマ、楽しんでいきましょう♪

花様年華-人生が花になる瞬間- 概要

美しい初恋が終わり、すべてが変わったまま再会した男女。最も輝く時代の自分に向き合った彼らの最後のラブレター。

原題: 화양연화 – 삶이 꽃이 되는 순간
ジャンル: ラブロマンス
演出: ソン・ジョンヒョン
脚本: チャン・ヒギョン
共同制作:ホンファクトリー
出演者: ユ・ジテ、イ・ボヨン、ジニョン、イ・テソン、チョン・ソニ
放送: tvN
放送時間: 土・日曜 21:00~
放送期間: 2020.4.25~2020.6.14(16部作)

韓国公式サイト

ドラマ企画意図

* 花様年華とは「人生で最も美しく幸せな時間」

「あなたの花様年華はいつですか?」

この問いに気軽に答えられる世代がいるだろうか。
20代はいつも痛い青春で、
30代は答える時間もなく忙しい。
40代になってから生きてきた日々を振り返ることができるようですが…

「不惑」どころか、「風前の灯火」···。
思春期以降、数十年間「疾風怒濤」。
多くのことを成し遂げたので、変化と誘惑にいつにも増して激しく葛藤し、
疲れた体と、まだ生き生きとした感性の間で痛切に葛藤する。
若さを消耗しながら働いてきた代価として戻ってくるのは、
どこか痛くて壊れた体と心、愛する人たちとの
予告のない別れだけだ。

20代と30代という花の時代ずっと青春を捧げながら忙しく走ったのに…
依然として冷酷で不確実な現実と向き合わなければならない、
ひょっとしたら一番涙ぐましい世代だ。

それにもかかわらず···。
まだ心臓は熱くドキドキして、
数十年が過ぎたが、季節の眩しい変化はいつも胸をときめかせる。
中年というにはまだ早い、青春というには遅すぎる年ごろ。
もしかしたら彼らは「年を取った青春」だ。

このドラマは、
情熱的に愛し激しく葛藤する現在の主人公たちと、
彼らが過ぎ去った輝く20代の時代の物語を通じて、
日々揺れる年を取った青春たち、
そして彼らのように愛し成長していく若い若者たちに、
「今愛する者、みんな青春!!」と言う話だ。

誰かを愛する今この瞬間が,
あなたたちの花様年華だと。。。
疲れ果てた全ての青春たちに渡す、ラブレター。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

花様年華 相関図

花様年華 相関図

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

登場人物紹介

ハン·ジェヒョン(ユ·ジテ)

ヒョンソングループ会長の婿
チャン·ソギョンの夫

経済雑誌だけでなくファッション雑誌にまで毎年ラブコールを送る、財界を代表する魅力的な「中年企業家」だ。 しかし実状は、「はさみの手」と呼ばれるほど巧みに整理解雇を日常的に行う苛酷で冷血な「甲」だ。

名門大学法学部に首席入学するほどのスマートな頭と速くて果敢な判断力で、ヒョンソングループに入社した後、勢いに乗った。 一時、若さを捧げて学生運動をしたが、今は気難しく懐疑的で理財に明るい俗物になってしまった。 妻のおかげでただ乗りした財閥家の男という世間の冷たい視線と最後まで自分を警戒しながら忠犬程度に利用する義父に対する意地が今の彼を作った。

時には卑屈に、時には卑怯に… 「ソリジャンド(笑裏藏刀)」として生き残った。 4年の収監生活の後に復帰した今、生き残る程度ではなく、そのすべてを自分のものにできると思うんだけど。 堅固で堅く積み上げた反撃の城壁に少しずつ亀裂が入り始める。

このすべてが、一瞬も忘れられなかったその名前···。
ユン·ジスのせいだ!

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

過去:ハン・ジェヒョン(パク·ジニョン)

ヨンヒ大学首席入学法学科91学番

サークル「哲学連帯」、「映画革命」会長であり総学生会の社会部長。 入学するやいなや法学部のキングカーとして指折り数えられ注目を浴びたが…催涙弾の演技が終わる日がなかった残酷な時代、誰の説得も強要もなく自然に学生運動に加担し、熱い信念と冷徹な判断力で運動圏の核心メンバーとして位置づけられた。

学校正門前でデモがあったある日、修羅場の中でジスを救った後、意図しない場所でジスと繰り返し再会する。 警察も、学校も、先輩後輩も···。 何も怖いものがなかったジェヒョンに、遠くから見るだけでもびくびくさせる人ができた。 先輩と付き合ってやるんでしょ? 横も後ろも見ずに猛スピードで直進する、ジスだ。

総学生会の社会部長で、学生運動の最高の先輩として苦労して積み上げてきたカリスマがジスの前ではしきりに崩れる。 自分のまわりをうろつくジス. 透明人間扱いをして、刃のような言葉で傷もつけたけど、実は···。 ジスが自分の属している暗い世界に入ってくるのが嫌だ。

善良なジスだけは、世の中の不条理なんか…
知らずに生きてもいいのではないかと思う。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ユン·ジス(イ·ボヨン)

きれいで端麗な顔だが、悲しい歳月の跡が残っている。 涼しい目つきと頑固に閉じた唇から、痛ましい強さが感じられる。 よく笑ってよく泣く少女のような面貌と、不意に妥協しない決断力があり、まっすぐな性格を持っている。

パパがいなくても一人で熱心に勉強する善良な息子のために,スーパーのレジ,ピアノレッスン,ピアノ演奏バイトなど.. 各種アルバイトで生計維持はもちろん療養院にいる父親まで世話をしているが、豊かでない暮らしにも困っている人を見ればそのまま通り過ぎることはない。

体が10個でも足りないジスだが、生まれつき善良で明るいので、顔を一度しかめたことがない。 一人いる息子は、電話一度も優しく受けてくれないけど、慣れないところで一人で勉強しながらも全校1位を逃さないのに···。 何とか感謝しないことができるだろうか。

そんなジスに、ある日青天の霹靂のような知らせが飛んできて···。
そこで、26年間、一度も忘れたことがなかった···。
ジェヒョン先輩と再会する。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

過去:ジス(チョン·ソニ)

ヨンヒ大学音楽学部ピアノ科93学番

新入生の中でも断然屈指の美貌の主人公。 検事長の父親と音楽大学出身の母親の間に生まれ、世間知らずの金持ちのお姫様のようだが、か弱い外見とは違って、たくましくたくましく、望むことのために直進する行動派。 一度気に入れば絶対によそ見をしない純情派だ。

デモ現場で自分を救ってくれた先輩を探し回ったあげく… 正体が分かった。 金持ちの坊っちゃんのような外見とは違って、運動圏でも大食いの先輩だそうだ。 しかも埋没蹴りこの上ないジェヒョンの反応に挫折していたのに… 思いもよらない所で偶然に再会する。 やはり普通の縁ではないに違いない。

カリスマ性のある学生運動家の先輩とは違うロマンチックな面貌まで知った後… ジェヒョンが好きで死にそうだ。 信念のようなものは分からないが、先輩がするなら正しいことだと思ったし、それで一緒にすることもできると思う。 春の日差しのようなジスの真心が、学生運動しか知らない氷王子ジェヒョンの心を溶かしてしまうんだけど···。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

チャン·ソギョン(パク・シヨン)

大企業ヒョンソングループの「息子のない家の一人娘」
ジェヒョンの妻

華やかでさっぱりした目鼻立ちに、誰が見てもきれいに育った金持ちのお嬢さんだ。 気難しく利己的な性質に、狙ったものは必ず持たなければならない強い所有欲を持っている。 パワハラ気質の化身ではあるが··· 意外に優しくて純真な面がある。 特に、唯一愛する男のジェヒョンには。

後継者の授業をしている間、ジェヒョンに会った。 スマートで鋭くて鋭敏なのに… ずば抜けたビジュアルまで取り揃えたジェヒョンが必ず欲しかった。 家では断食闘争、外では粘り強い求愛作戦を繰り広げた末、世間に話題を集め結婚に成功した。 でも、今···。 ジェヒョンと交わす対話は業務または息子のジュンソについて一言話すのが全てだ。

そんなジェヒョンに変な変化を感知した。 4年間の獄中生活のためだけではないに違いない。 しきりにやらなかったことをするジェヒョン。 不安な気持ちで調べてみたら… そこにはいつも彼女がいる。

よりによって男たちが絶対忘れられないという…初恋

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

チャン・サン(ムン·ソングン)

ジェヒョンの義父、ソギョンの父

流通と製造分野の大企業であるヒョンソングループの会長。 わがままで勤勉なけちん坊 商売のためには不法であれ合法であれ問わない。 他人には10ウォン一枚ただであげることがなく、私の家族だけを世話する。

最初はジェヒョンとの結婚を決死で反対したが、電卓を回してみて心を変えた。 ソギョン以外に後継者がいない状況だ。 頭の悪いソギョンに会社を任せることはできなかった。 賢いジェヒョンを利用することにした。 思ったより充実に猟犬の役割をしてくれたジェヒョンが感心した。

それにもかかわらず···。 ジェヒョンは他人にすぎない。
チャン氏でないハン氏に会社を譲ることはできない。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ハン·ジュンソ(パク・ミンス)

ジェヒョンとソギョンの息子

骨の髄までロイヤルファミリー 満ち足りた財産の中で、よりによって悪い性質だけを受け継いだ。 すでに多くのものを持っていながらも、より多くのものを持てずにやきもきする世間知らず。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ハン·インホ(ナム·ミョンリョル)

ジェヒョンの父

鉄鋼会社の労働者 30年間油飯を食べながら会社に献身し、会社の同僚たちを家族のように気遣っていた誠実で善良な性格の持ち主。

その時代、すべてのお父さんたちがそうだったように···。 たとえ優しく接することはできないが、一人だけの息子ジェヒョンに対する無限の愛情と信頼がある。

同僚たちに対する責任感と純粋な正義感で会社に抵抗している。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

イ·ギョンジャ(ソン·スク)

ジェヒョンの母

鉄鋼労働者だった夫と共に生計の責任を負うために、長年市場で魚の商売をしてきた。

してくれたことがなくても、いつも1位を逃さずに問題を起こさなかったジェヒョンに対する深い信頼と愛情がある。 ジェヒョンがすることだから、他人が皆手をこまねく学生運動も、全て理由があると思った。

強くて冷徹なジェヒョンを、一瞬にして武装解除させ、おとなしい羊にする···。 ジェヒョンのもう一つのアキレス腱だ。

.Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ユン·ヒョング(チャン・グァン)

ジスの父

26年前、ソウル中央地方検察庁検事長まで務めた。 富と権力をすべて持った既得権層だったが… 今は認知症の確診を受けて療養院に入院している。 記憶がない時は限りなくおとなしい子供になってジスに優しくて親切だが.. 記憶が戻ってくると、礼儀正しく豹読したユン·ヒョングに戻り、ジスに悪事を働く。

虎の検事長としては、家の中でも絶対に権力を持つ独裁者だった。 ソウル法学部に行かないという長女のジスを露骨に無視した。 音楽学部に行くには、少なくともソウル大学音楽学部じゃないといけなかったのに···。 その期待さえ負けてしまったジスを到底許せなかった。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

リ・ヨンミン(コ·ウリム)

ジスとセフンの息子

飛翔するほど頭がよくて小学校の時から英才学級を逃さず、難なく有名国際中学校に入学した秀才。

家庭には忠実でないのに厳格な規律だけを強調する父親と、そんな父親になすすべもなくやられる弱い母親の間で傷ついたためか、敏感で小心で内向的だ。

母親に対する愛情が深く、母親に傷つきそうなことは全て口を閉ざす。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

チョン·スクヒ(イ·ジョンナム)

ジスの母

女子大音楽学部出身の典型的な良妻賢母スタイル。しかも虎のような検事長である夫のため、息を大きくすることができず、黙々と家を建て直した。 どれ一つ痛くない指がないのに… 特に長女のジスに苛酷な夫に対する恨みが深いが、そのような夫に口癖をつけることができず、ジスにいつも申し訳なく残念だ。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ユン·ジヨン(チェ·ウォンビン)

ジスの妹

優しくておとなしいジスとは異なり、頑固で勝負欲が強くて父親が望むソウル法学部に難なく入った。 賢くなくて父親にいつも怒られる姉のジスがもどかしくもあり、気の毒でもある。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

イ·ドンジン(ミン·ソンウク)

ジェヒョンの大学同窓

個人弁護士事務所を持っている離婚専門弁護士だ。 ひどい実利主義者で現実主義者。 金にならないことには最初から足を踏み入れない。 離婚専門弁護士を選んだのもそのような脈絡だ。 主に金持ち側の弁護を受任する。 結婚も、そのような脈絡で行った。 金持ちの家、顔はきれいじゃない娘と。

財閥の婿になった友達ジェヒョンが偉いけど… 犬のようにこき使われる姿を見てきたので… あまりうらやましくはない。 それでも豊かに暮らしていたジェヒョンが、ジスの登場で揺れる姿が不安で死にそうだ。 なんでそんなにお金にならないことに命をかけるのか… いくらクレヨンしんちゃんを転がしてもわからない。 愉快な声で、言葉の合間に突拍子もない英語を混ぜて使う変わり者。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

過去:ドンジン(ウン·ヘソン)

法学科91学番 ジェヒョンの親友

新入生オリエンテーションの時からジェヒョンと息が合った。 死んで生きていけない友人の間だが、家の事情が良くないドンジンは学生運動をする余裕がなかった。 4年以内に司法試験パスをして、これ以上家に手を広げないのが唯一の目標だ。 やはりない家柄の出身であるジェヒョンが、それでも誰かはしなければならないことだと言って街頭に出たのがもどかしくもあり申し訳ない気持ちもある。

一つも申し訳ないと大声で叫びながらも… 試験の系図も用意してくれて、レポートも代わりに書いてくれて、代理出席もしてくれたり、ジェヒョンバカのジスともたまに遊ばなければならない… 何気にしてあげることが多い友達だ。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

ソン·ファジン(キム・ジュリョン)

ジェヒョンの大学同期であり、学生運動の同志

学生運動の中でも、男性に劣らず過激でたくましいことから「ファジン歌」と呼ばれた。 卒業後もずっと現場で労働運動を続け、学生運動後輩キョンホと結婚。 しかし、厳しい生活の中で病気を悪化させてしまう。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

過去:ファジン(ハン·ジウォン)

入学する時奨学金をもらったほど秀才に模範生だったが、ジェヒョンと共に学生運動に飛び込んだ以後、誰よりも熾烈に運動に加担した。

ジェヒョンに片思いしたが、ジェヒョンがジスをどれほど好きなのかをよく知っていただけでなく、同志的な絆を破ったくなくて心の中だけで飲み込んだ。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

カン·ジュンウ(カン·ヨンソク)

ジェヒョンの秘書で運転手

高い背に白くてか弱い顔立ちのイケメンだ。 26、社会生活の始まりがジェヒョンの運転手だった。 自身をいつも「子供」、「子供」と呼び可愛がっていたジェヒョンが、ジュンウには父親ほどの大きくてありがたい存在だった。 その後、ジェヒョンに忠誠を尽くし、ジェヒョンの手足になっている。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

チョン·ユンギ(キム·ホチャン)

ヒョンソン本社戦略企画室部長

ジェヒョンが戦略企画室にいた時、ジェヒョンの直属の後輩だった。 ジェヒョンから会社の仕事を学び、長い間ジェヒョンを補佐してきた。 ジェヒョンが長く会社を空けている間にも、ジェヒョンの目と耳になって会社全般はもちろん、チャン会長とソギョンに関する情報を知らせたりもした。 会社に戻ってきたジェヒョンについて、ヒョンソン流通に移り取締役の職責を務め、ジェヒョンを本格的に助ける。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

リ・セフン(キム·ヨンフン)

ジスの元夫

江南の大手法律事務所の弁護士。 幼い頃の狎鴎亭、蚕室の地を買い集めて、お金の座布団に座ったカン·ボクスンの一人息子だ。 幼い頃から母の気に押されてあちこち振り回されながら育ってきた。 お金が満ちている母親のおかげで、欲しいものはいつも手にすることができた。 利己的で欲張りなママボーイになったのは当然の結果だった。

名誉が必要だというセフンの母の欲に従って司法試験をパスした。 良くない成績で研修院を終え、行き先のないセフンは国選弁護士を選んだ。 そこで、公務員暴行罪で捕まってきたジスを弁護することになるが、細くてか弱い顔で、まっすぐで強く所信を語る、崖っぷちに立った天使のようなジスに心を奪われた。

その後、ジスにしつこく求愛し、ジスの父親まで世話をした末、ジスと結婚することになった。 ジスが自分を愛していないということを、最初から知った。 時間が経てば自分を愛するようになると思ったが、ジスの愛は完全に息子だけに向かった。 あいかわらずジスを愛し願ったセフンの恋はますます歪んでいくのに..

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved.

チュ·ヨンウ(リ・テソン)

ジェヒョン医科の後輩でジスの大学同窓生

専攻とは全く関係のないLPバーを運営している。 卒業後、司法試験はあきらめて中小企業に入社して平凡な会社員として過ごした。 ずっとこのように生きていては、通勤途中の地下鉄で突然死をするかもしれないという不安感に果敢に辞表を出した。 健死しなければならない家族もいないので、悩む理由もなかった。

退職金をもらってLPバーを設けた. 先走った男前時代を思い出す中年男性たちが結構探してくれる方なので、生計に大きな心配もない。 結婚するかどうかを尋ねる客には、「非婚主義者」と説明する。 決して独身主義者ではない。 いつか誰かと一緒に暮らすこともできるから。 26年間、一様にジスの後ろに立っている。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved

過去:ヨンウ(ビョンホン)

法学部93学番

純粋で稚気に満ちた新入生時代、腕立てさえ格好つけるジェヒョンに惚れて学生運動に飛び込んだ。 信念も理念もよく分からないが.. ただかっこいいと思った。

そんな中、ジェヒョンを訪ねてきたジスを見て一目惚れしてしまう。 ジスが兄妹だけを見ていることを知っているが、それでもしきりにジスに会いたくなる。 ジェヒョンと自信のある哲学サークルでジスを導くかと思えば、集会現場までジスを呼んだりもする。

恋愛において竹を割ったようなジスにとっては、まさに男友達以上でもそれ以下でもない。 ジスに対する心が深まるほど、ジェヒョンに対する心が以前と同じではない。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved

ヤン·ヘジョン(ウ·ジョンウォン)

ジスの高校の大学時代の同級生

幼い頃は科学者を夢見たが、現実はただ化学会社に通う会社員だ。 長い間見てきたジスに対して残念な気持ちが大きい。 お姉さんのような存在。

40をはるかに超えても、マート不当解雇デモをしているジスが適当ではない。 金のスプーン時代のジスをよく知っていて、今の貧乏で惨めなジスが、誰よりも残念だ。 だからといって本人が立派に暮らしているわけでもなく、ジスを思う存分助けることができず、いつも申し訳ない。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved

過去:ヘジョン(パク・ハンソル)

延喜(ヨンヒ)大学工学部化学工学科93学番
別名、工学部のお姉さん

最初からデモ隊が嫌だった。 温かくてみずみずしい校庭を、鋭い催涙弾で染めるエイリアンのようで、サムダックのようなデモ隊が。 そんなデモ隊が死ぬと、ライオンを追いかけるジスも理解できない。

言葉は冷たくても、いつも···。 善良でおとなしいジスの方だ。 妹に触る子たち、探し回りながら叱るツンデレさんスタイル。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved

チェ·ソンヒ(キム·ヨンア)

ジスのマート同僚

解雇された非正規職マートキャッシャーの中で最古参で、不本意ながらデモを導くことになる。 大学も出てこないし、このような方に経験もなくていつも自信がなく心配だが、娘のようで弟のような同僚たちのために誰かは前に立たなければならないことを知っているので勇気を出した。 ジスにとっても大きな慰めと力になる、時にはお姉さんのようで、時にはお母さんのような存在。

Copyright (C) CJ ENM All Rights Reserved

以上です

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました