韓国ドラマ「リンク:ふたりのシンパシー」相関図、登場人物紹介

スポンサーリンク
韓国ドラマ リンク ヨジングDisney+配信
スポンサーリンク

ヨ・ジング、ムン・ガヨン主演  韓国ドラマ「リンク:ふたりのシンパシー」の情報をまとめています.

内容

  • 概要
  • 相関図
  • 登場人物紹介

視聴と共に情報を修正・追加予定です♪
が…観たいドラマが立て込んでて・・・いつになる事か・・・

リンク:ふたりのシンパシー 概要

18年ぶりに再び始まったリンク現象.1人の男性が見知らぬ女性の色々な感情を感じながら繰り広げられる感情共感ファンタジーロマンス

原題:링크
演出:ホン・ジョンチャン
脚本:クォン・ギヨン、クォン・ドファン
共同制作:シージェスエンターテインメント、アークメディア
出演:ヨ・ジング、ムン・ガヨン
放送:tvN(月・火曜) 22:30~
放送期間:2022.06.06~2022.07.26(全16回)

韓国公式サイト

 

「リンク」とは?

ソウル市と京畿道のどこかに位置する古い町、芝化洞(チファドン)
18年前に双子の妹が行方不明になったこの町にウン·ゲフンがレストランを構えて話は始まる.

「奇跡のようなファンタジーメロ」

ある日突然、ある男が見知らぬある女の感情を共有することになる.彼女が笑うと彼も笑って彼女が泣いたら彼も泣く.彼女が私を見てときめくと彼女のときめきに私のときめきが加わって二倍にときめくし、彼女を断って彼女が痛いと私の痛みが加わって2倍に痛い.

そうやって一緒に笑って泣きながら痛がっていたけど最後になってから明らかになるこのファンタジーの秘密は誰も知らなかった彼らの傷を癒す「奇跡」になるだろう
みんな秘密を持った町、面白くて怖いけど美しいうちの町、チファドンに遊びに来てください.

18年前、ウン·ゲフンの双子の妹が消えた町、チファドン。
それから18年後の現在。

まだこの町には捕まっていない犯人が住んでいるかもしれないし、当時目撃者が住んでいるかもしれないし、当時傍観者が住んでいるかも知れないし、去った誰かが戻ってきたかもしれないし、離れられなかった誰かの痕跡が残っているかもしれない.
そのように皆が秘密を持った町のチファドン

捕まえないといけない人は捕まえて、許しを請う人は祈って、許してくれる人は心の平和を求めて、そのように過去と現在がかみ合って、ヒーリングと成長、すなわちヒューマンドラマになるだろう。

※出典:韓国公式サイト

相関図

リンク 相関図

※出典:韓国公式サイト

登場人物紹介

ウン·ゲフン

リンク ウン·ゲフン

28歳/シェフ

ミシュラン星のついたレストランの売れっ子シェフだった.
麺料理 外見面外見 欠かせないスペックでお客さんの視線と絶賛を独占していた彼が、「#涙シェフ」というニックネームを皮切りに早い更年期だ、憑依だ。 あらゆるうわさに包まれ、智花洞という古い町にレストランをオープンすると消えてしまった。

#「涙シェフ」というニックネームができたのは、彼がいつでも理由なく涙を流したからだが… 素敵な声でメニューを説明しながら、涙を流し、厨房では私的感情を許せないと後輩たちを教えていた彼が、こみ上げる感情を密かになだめながら、まつげを濡らした理由は何だろうか.

双子の一部は、いくら遠く離れていてもお互いの感情を感じることができるという.双子のテレパシーと呼ばれたり、カール·ユングが言った「公試性(synchronicity、意味ある偶然の一致)」のような概念で説明されたりもした現象.

ゲフンとゲヨン、二卵性双生児の兄妹がまさにそうだった.兄妹はこの現象を「リンク」と呼んだ. ゲヨンが大きく嬉しかったり悲しかったりすると、今ゲヨンが嬉しいんだ、悲しいんだ、怖いんだ、分かった.ゲフンはこんな無駄な能力が!と ぶつぶつ言いながらもケヨンが自分を必要とする時は、間違いなく出動して心強い味方になってくれた. しかし、これはあくまで18年前のこと.

18年前にゲヨンが行方不明になってからリンクを感じたことがなかったゲフンは、この現象が再び起きた理由を知りたい.

まさかゲヨンが生きているのかな?そうでなければ一体どうしてこんなことが?
混乱もつかの間、ゲフンはこのすべてを信号として受け入れた.もう過去と向き合えという信号.知らぬふりをしてしまっておいたすべてを終わらせろという合図

ゲフンはすべてが始まった町のチファドンに戻ってレストランを構える.
そんな彼を迎えたのは、18年前のその時のその姿を大事にしている町の人々だ.セルフインテリア中のケフンをめぐって激しいおしゃべりをする花柄「モムペおばさん軍団」、ケフンのレストランの前に1日に2回は必ず路上放尿をするおじさんなど、ダサくて素朴でおせっかいで情が深いが、実は皆それぞれ秘密を持っている危険で怪しい人たちだ。

そしてその中でも一番怪しい女、ノ·ダヒョン.
まさに、ゲフンの感情にいきなり侵されていた感情の主人公.
一体私がなぜこの女性の感情を感じるのだろうか. この女の正体は何だろうか.ゲフンはしばらく混乱しているが、すぐにその疑問まで隅に閉じこもってしまう.私の目の前にいるかもしれない犯人を置いて、この女の存在を考える暇がない.

ところがある日突然この女性のときめきが感じられる.まさに私へのときめき.冷たく断ったら、この女の痛みが感じられる.私による痛み

もうケフンも混乱し始める。今私が感じるこのときめきと痛みはあの女のものだろうか私のものだろうか。

 

ノ·ダヒョン

リンク ノ·ダヒョン

28歳/チファ洋食レストランの見習い職員

誰にも見せられない自己紹介書を書くなら、ダヒョンは以下のように書くかもしれない。

「生きるのが大変だ、笑うと福が来るというから福を得ようと笑ったところ、その微笑が私に向けられたと勘違いした狂ったやつがストーキング暴力を振るって不本意ながらストーカーを殺して自首しに行ったが、よりによって花金…。 地区隊が満員で自首失敗後、家の前に捨てられた冷蔵庫に死体を隠したが、前の家のレストランの男が誤って捨てたと冷蔵庫を回収して行き、私はその冷蔵庫を探そうとしたが、その男を好きになりました。 こんな人生が全部あるんですか。 人も普通こうなんですか?」

いや、そもそも今の状況で自己紹介書でも書けるだろうか。 控訴書ならともかく。 「人を殺したが正当防衛だった!」と言っても誰が信じてくれるだろうか。 会社で首になった時も私の話を誰も信じてくれなかったのに。。 見た目は普通でジェントルだと思っていた職場の上司が想像もできなかった暴力を行使。 それに抵抗したが、かえって誣告罪に追い込まれ、汚名を着せられたまま退社された。 そのおかげでアルバイトを転々としていたが、ストーカーがこじれて現在このような状態だ。 一体私の人生はなぜこうなのか、私が何をそんなに誤ったのか、自責して悟る。 私の過ちは一つもないということを。 私はただの被害者であり生存者だということを! また戻っても私は同じ選択をするということを!

しかしそれに気づいたとしても傷が消えたり体に刻まれた恐怖やトラウマが克服されるわけではない。私は過ちがなく、被害者であり生存者である。 昨日もして一昨日もしたその決心を今日も再確認したある日、前の家の男ウン·ゲフンはどこか怪しくてどこか危険に見えると同時に、あきれるほど私の気持ちを知っているようだ。私が今憂鬱なのか、怖いのか、幸せなのか、ときめいているのか…

終始一貫して鉄壁を打ちながらも私の気持ちを推し量り、行き場のない日にレストランに喜んで就職させ、困る度に現れて解決してくれるこの男に思わずときめきを感じた瞬間、ダヒョンは自らが狂ったと思った。

いつ手錠をかけるか分からない今ときめきを感じるなんて。それでときめきが芽生えるたびにばっさり切り取って過ごすが..

 

チャン·ミスク

53歳/ケフン母

裕福な両親、良い夫と優しい子供たちのおかげで、いつも人生は美しかった.
かなり実力のあるフローリストとして気に入った行事だけを選んで参加し、ボランティア兼無料講演にも応じながら充満して暮らしていたある日、素敵な娘のケヨンが行方不明になった。

自分のせいにする気の毒な幼い息子、娘を探すために全国をさまよって家を出てしまった夫.
一瞬にして禁じられた人生の前で、ミスクは自分とゲフンの傷を覗き見ず、美しい人生を維持するために全力を尽くす.思いっきり笑顔でゲフンと二人きりでご飯を食べて思い切り笑顔で二人きりで子供の日を過ごし、思いっきり笑顔で(双子の娘の誕生日でもあるその日)ゲフンの誕生日を祝って…
私の人生は大丈夫.私の人生は他人のように簡単に壊れない.そのように何年が経ったのだろうか.少しの間、心がこれ以上耐えられずにガチャンと割れてしまい、ある日、何かが切れたように完全に別人になった.

10年分の傷を一気に吐き出すように未熟さは急変した.毒舌・ヒステリー・被害妄想などあらゆる神経症が発生し、予測不可能に今にも割れそうなガラスの神経になった.日課は、古いホームビデオを見てまた見る.ゲヨン失踪前に撮ったビデオであり、写真に埋もれて過去の中で死体のように暮らしている. 息子のケフンを命のように愛しながらも、毎度ケフンの胸を痛めている.

 

 

ウン·ゲヨン

失踪当時10歳/ゲフンの二卵性双生児の妹

明るくてしわのない性格で兄のウン·ゲフンをからかいながらも頼りにしていた子.まだ生死不明でウン·ゲヨン失踪事件は長期未解決事件として残っている。

 

ウン·チョルホ

55歳/ゲフン父

智花洞唯一の病院だった「ウン内科」の院長.
人柄の良い医師、優しい家長だったが、ウン·ゲヨン失踪以後、病院の仕事も家事も投げ捨てて娘を探して全国をさまよう

 

チャン·ミソン

51歳/チャン·ミスクの姉、ゲフンの叔母

ミスクの家の近くに住みながら、ミスクの面倒を見る.善良な性格.心から弟を切なく思い、ゲフンを気の毒に思う。

 

ホン·ボクヒ

50歳/ダヒョンの母、チュンオク鍋社長

良い材料で真心を尽くすが、いつも味が足りない。 味に鈍感な常連たちのおかげで細くて長い商売をしているところ。私の運命ほど汚いものはない。 娘のダヒョンだけは私らしくないことを願う気持ちで、普通の母親のようなミスをしてまたする。 私のように生きるな、私があなたをどう育てたのに、私の人生はあなたの人生で、あなたの人生は私の人生だよ。を口癖にして生きる。

偉そうな人生の唯一の自慢が良い大学を出て良い会社に通う娘ダヒョンだったが、ダヒョンが会社でも切られゴミのようなストーカーに会って殺人者になったかもしれないと思うと、すぐにでも回りそうで息が詰まって死にそうだ。 娘の運命、母の運命に似ると言っていたが、本当か。 私に似てるのかな? ダヒョンが必ず私の人生についてくるようで怖い。

お願いだからやめて、娘。 どうか私のようにならないで、私の娘よ。ボクヒはそう祈ってまた祈る。

 

ナ·チュンオク

68歳/ダヒョンの祖母、ボクヒの母

静かだが強いおばあさん。 誰かが青筋を立てて言い争っているとしたら、チュンオクはただ静かでおとなしく聞いていて、失礼します」と礼儀正しくすぐパタを振り回す。 いつでもそうではない。 チュンオクがそこまで出る時は、無条件にチュンオクが正しく、相手が誤ったのだ。

事理分別にはっきりしていて、それとなく客観的なおばあさん。 それで18年前のある日、とても客観的で非常に大きな選択をした。 人生で最も良い選択であり、最も痛い選択を。

 

チ·ウォンタク

28歳/チファ地区隊巡査

チファドンに発令されるとは夢にも思わなかった。 警察になったのには何の特別な理由や使命感などなかった。 ただ、いくつかの公示の中で警察公務員試験が一番有利で準備しただけだ。 もし、チファ地区隊に来ると知っていたら、おそらく警察の試験などは受けなかっただろう。 円卓はまるで溺れたようだ。 浮遊していた海草が彼の足首を巻いてしまった感じ。 チファドンは彼にとってそんなに暗い記憶だから。

そのように重くて複雑な心情で初出勤をした日、いざとなれば辞めてしまおうとした日。旧彼女のミンジョと思いがけない再会をする。 まさに智花洞地区隊から、メンターとメンティへ。 一時熱く恋愛し、互いに愛していると信じていたミンジョと予期せぬ再会は、ウォンタクをチファドンに座り込むようにする。

小さなパトカー運転席、助手席にミンジョと並んで座って一日中パトロールを見てみると、昔の記憶が浮かんで妙な緊張が流れたりする。 私たちお互いに一つの体のようにくっついていたのに。 そんなに永遠だと思ったのに。 どうして別れたのだろうか。 どうしてもその理由が思い出せないまま。。 私はあなたの死守に過ぎない、尊敬しなさい、匹敵する目つきを片付けろ、民助のいじめをそれなりに楽しみながら、どうにか新任巡査の任務を遂行してふと気づく。

どうしてこの町はこんなに昔のままなんだろう。
作り付けのように根付いて暮らす大人たちはそれにしても…なぜあなたは..まだここに残っているのか?

 

ファン·ミンジョ

28歳/チファ地区隊

警査の最初の発令を受けた新任巡査メンターをしなければならないという話を聞いた時からイライラした。 面倒な新任教育なんかしたくなかったし。 しかも、その信任が旧彼氏であるとは、なおさら知らなかった。 平凡で単純で揺るぎのない民助の日常に亀裂が生じた。 円卓を見るやいなや数秒ほど、あまりにも呆れて魂が抜けたミンジョは、すぐに気を引き締めて一抹の揺れもなかったふりをして事務的に挨拶し、事務的に教育し、事務的に円卓に接すると自評する。 ただ、大勢で一緒にいる時、そして広い室内や野外だけ。

通報がなくて出動もなく二人きりでパトカーにいても,寝返りを打つ 偶然すれ違うと、以前熱かった瞬間が思い浮かぶ。 だからといって円卓とは二度とどうするつもりもない。 恋愛が必要みたい。 ただ、君じゃない他の男と。

振り返ってみると、ウォンタクが嫌で別れたのも感情が全焼して終わったわけでもなかった。 記憶の中の円卓は本当にきれいだ。 楽器をかなり上手に扱って甘美な音楽を聞かせたり、ミンジョから目を離すことができず、大型犬のように言うことも本当によく聞いていた男だった。 同時に、記憶の中の円卓はほんの少し怖い。 たまに変な寝言を吐き出し、私が知らない闇を抱いて、そのためか予想できない状況で非常に時々暴力性が飛び出したりもした。 まあとにかく全部昔のこと。

警察として、仕事への欲望が大きい。 地区隊よりもっと大きな水で遊びたい。 ずっと現場で働くこと。 より実質的な捜査業務を引き受けること。 そのためか、常に事件事故を、自分の能力を発揮して証明することを待っていた。 望み通り平穏で退屈だったチファドンが事件事故で騒々しくなると、初めてミンジョは平穏な日常の大切さに気づく。

 

アン·ジョンホ

48歳/チファ地区隊警部補

ゲヨン失踪当時、チファ地区隊の巡査だった。 その後、近くの警察署、地区隊を回っていたが、再び地化地区隊の発令を受けて帰ってきて1年目。 年寄りの声を嫌がって年寄りにならないために努力し、ミンジョ、ウォンタクなど若い後輩たちと仲良く過ごそうと努力する。 目上の人である徐隊長とも、なるべく仲良く過ごそうとする平和主義者。

 

ソ·ヨンファン

57歳/チファ地区隊長

自ら性格が良くて開かれた人だと思うが、実は年寄りだって。 自ら器を尊敬されて当然の大人だと思うが、実はサッパの牛の肋骨。 一度信じたのは最後まで信じる。 それを義理や志操、原則だと思う。 誤った信念かもしれないということを認めない。 自分がミスすることもあるということも認めない。過去、犯人を捕まえようと孤軍奮闘していた自分に感謝どころか、意地悪するゲフンが憎くてことあるごとにけちをつけようとする。

 

ナム·ギュウォン

35歳/チファ地区隊長

ボン·ソンウ

28歳/チファ地区隊巡査

 

チャ·ジンフ

シェフのゲフンが智花洞に新しいレストランをオープンする時に一緒に来た。 滅びるに決まっている食堂に僕を連れて行くなんて、この兄さん僕にどうしたんだ? 休まずうじゃうじゃ言っているが、あくまで言葉だけで、ゲフンと実の兄弟以上に粘り強い。

ウンシェフといつから知っていましたか。 どこで会いましたか。 どうやって親しくなりましたか。 鉄壁そのものであるゲフンがそばに置く唯一の人なので、ジンフに殺到する質問がこのようなのは当然のことだ。 うんざりする反復質問に負けた後はいつも短く答える。 「幼い頃、警察署。」驚愕する答えを与えては特有のおしゃべりでいたずらな話術で気を抜いて、どのように親しくなったのかに対する返事は何気に避ける。

私たちが親しいのは寂しさが似ているからではないだろうか。 こう言ってみたところで聞きとれる人はいないだろうから、人々が期待する冗談といたずらで済ます。

おしゃべりにケフンのそばを守るチファ洋食レストランのムードメーカー。 とても可愛くて純真に見えるが、幼い頃警察署に出入りした経験値はどこにも行かなかった。 ゲフンに何かが起きれば荒かった昔のチャ·ジンフが飛び出すかもしれない。

 

イ·ウンジョン

30歳/シェフ

韓国料理、洋食、中華の資格をすべて持っている。 結婚しそうになった男と町内のおいしい店として知られているフュージョンイタリアン店を運営した。 しかし、言えない事情で店をたたみ、男とも別れる。 数日後、ここの智花洞(チファドン)に現れ、ゲフンの店に就職する。

にっこり笑って悪口を言い、皮肉って笑って悪口を言うのが特技。 感情の起伏が激しく、時々怒り調節障害があるか疑われたりもする。 笑いながら、ナイフで誰一人突き刺してもおかしくないキャラクター。 消えた弟を訪ねて来たと言うが..さあ、果たして彼女の言葉をどこからどこまで信じればいいのか。 ダヒョンを見る目に殺気がちらっと見えるのはなぜだろうか。

 

ハン·ウィチャン

56歳/非正規労働者

ゲフンの店の前に(ゲフンが店を開く前から)きついと路上放尿をしたりもした。 信じられないだろうが、若い頃、プロピアニストを夢見ていた才能ある音楽家だった。 夢が挫折した後、ピアノ教室を運営。 かなり人気があって良い先生だったが、もう一度人生の波風を体験して人生が壊れた。 ケフンが智花洞に戻ると、ともすればケフンの周りをじわじわさせる。

 

チョ·ジェスク

51歳/エアロビクス講師、コ·チャンスの妻

ボクヒ、チュンオクといつも付き合っているチファ洞の住民。 チファ公園で住民を対象に無料エアロビクス授業を行っている。 華やかな服装と化粧、中には洗練された外見、プライドが高く堂々と見える性格の中に、人知れぬ痛みが隠されている。

 

コ·チャンス

51歳/成人ゲームセンター共同運営、チョ·ジェスクの夫

華やかな花のようなジェスクの夫だ。 怒りっぽいことで智花洞で有名だが、ジェスクのような妻を持っていながら、なぜそんなに怒りっぽいのかという話を一番聞きたくない。

 

パク·ソンファ

46歳/キム·ミンチョルの妻

ボクヒ、チュンオクといつも付き合っているチファ洞の住民。 未熟で優しいが、それなりに疑わしいところもある。

 

キム·ミンチョル

49歳/タクシー運転手、パク·ソンファの夫

チファドン(知花洞)の住民。がぶがぶとあちこち口出しするのが好きな性格。 そして、家族には無関心な方だ。

 

ヤン·ドンスク

54歳/チョ·ドンナムの妻

ボクヒ、チュンオクといつも付き合っているチファ洞の住民。 ボクヒと毎日、意地悪で皮肉りながらも親しい間柄。

 

チョ·ドンナム

53歳/建設労働者、ヤン·ドンスクの夫

わき腹をつついても、ああ、声を一度も出さない熊のような男。 口数が少なく、無愛想で一体何を考えているのか分からない。 地方を回りながらビラを建てているが、売れ残りに工事代金の未払いに営みが芳しくない。 今日やめるべきか明日やめるべきか悩んでいる。 一生を経た現場で暮らしているように見えるので、体も大きく、力も強い。

 

イ·ヨンフン

46歳/チファ市場魚屋運営

智花洞の男たちのサランバンのようなところ、魚屋を運営している。 貴重な魚が入ってくると、町の男たちを呼んで一点ずつ分けて食べたりする。 この町の男たちみんなどこに行ったの? すると、十九はヨンフンの店に集まっている。

 

カン·ミジン

49歳/不動産運営

ボクヒ、チュンオクといつも付き合っているチファ洞の住民。 いつも口に何かをつけて生きている。 休まずに主戦口を食べるが、食べるほど太らない。 不動産運営者らしく町の大小やうわさを聞き抜いており、相手が不快に思う話も平気でよく口にする。

 

ファン·ソンニョ

50歳/ウィッグ店経営

18年前に神降ろしを受けたばかりで、それなりに靴を飛ばしていた巫女。 過去のゲヨン失踪当時、グッをしていたし、町に犯人がいて、一人ではなく二人以上だと予言した。 その後、次第に神気が落ち、客も落ち、現在はかつら店を運営している。

イ·ジングン

28歳/ダヒョンのストーカー

見た目は一見普通だが、色情型妄想障害と過大型妄想障害を持っており、暴力性向も激しいサイコパスではないかと思う。 旧彼女または真剣にストーキングしていた女性たちの行方が不明だ。世の中にたった一つだけの真実の愛を求めてさまよっている。どうりでうわごとをしながら過ごしていたが、ダヒョンを見るやいなや運命だと確信する。

 

予告

第1話

第2話

第2話予告

第3.4話

第3話予告

第4話予告

第5・6話

第5話予告

第6話予告

第7・8話

第7話予告

第8話予告

第9・10話

第9話予告

第10話予告

第11・12話

第11話予告

第12話予告

第13・14話

第13話予告

第14話予告

第15・16話

第15話予告

以上です

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました