韓国ドラマ「気象庁の人々」第11・12話 詳細あらすじ

スポンサーリンク
気象庁の人々 ソンガン パク・ミニョンNetflix配信
スポンサーリンク

Netflix配信の『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能⁉』の第11・12話の詳細なあらすじです.

ドラマ、楽しんで視聴していきましょう♪

「気象庁の人々」 登場人物一覧

チン・ハギョン総括予報官 2課課長
イ・シウ特報担当
ハン・ギジュン報道官室通報官 ハギョンの元婚約者
チェ・ユジン気象専門記者 ギジュンの妻、シウの元カノ
気象庁総括2課
コ・ポンチャン予報局長
オム・ドンハン先任予報官
オ・ミョンジュ分析主務官
シン・ソクホ町の予報官
キム・スジン超短期予報担当
ハギョンの家族
ペ・スジハギョンの母
チン・テギョンハギョンの姉

登場人物の詳細な紹介はコチラからどうぞ!

気象庁の人々: 社内恋愛は予測不能?! | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
明日の天気は、晴れのちトキメキ...?! 気象庁で働く真面目な予報官にとって、自由奔放な同僚との恋の行方を予測するのは、天気予報と同じくらい難しい。

「気象庁の人々」あらすじ

「気象庁の人々」第9・10話 詳細あらすじ

第11話   1℃

気象庁総括2課にシウが事故でケガしたとユジンから連絡が入る.

済州島の台風センターへの出向をシウは快諾する.
局長から呼ばれたハギョンとシウは、明日からの済州への出向を指示される.ハギョンは準備のため来週からを主張するが、シウは明日から出向すると言う.
「一人になりたいから出向させる」と主張するシウに、ハギョンは「公私は分ける」と主張し、2人は険悪な雰囲気になる.

2人が機嫌が悪いことを気にするオ主任が壮行会として2課での初の会食を提案する.提案にのったハギョンだったが、シウは不機嫌に席を立ちあがる.

追いかけたハギョンが「また拗ねている?」と聞く
シウは「出向のことで不満を伝えたことはない.自分は子供じゃなく大人、あなたの恋人.元彼から負った傷で恋愛が知られるのを恐れ、公私を分けたい理由を理解できる.でも僕は僕.僕たちの恋愛にギジュンは関係ない.いちいち比べられたら気分は良くない.僕をヤツと重ね傷つくのを恐れている.独身主義で結婚できる資格はないけど、あなたと恋愛をしたい.本気であなたが好きだから.でもそれが混乱させる理由なら謝る.何も約束できないくせに恋愛しようと言ってゴメン.だから僕との関係を考え直したいなら受け入れる.僕は適度に軽い関係はイヤだ.本気じゃない関係を続けていく自信はない.僕がいない間に、付き合っていけるかよく考えて」と話す.

オム先任は職場見学に来た娘ボミと職員食堂に行く.オ主任たちと一緒に昼食をとり、オム主任が国一番の気象学者と聞きボミは喜ぶ.昼食後、ボムは食物アレルギーによる呼吸困難と発疹が起き倒れ救急搬送される.オム主任は、妻から娘の食物アレルギーを忘れたのかと責められる.
オム主任はシウに天気と家族だけは分からない.いい父親、いい家長の方法も」と話す.シウは「悩むだけでもいい父親.自分の父親は悩まない」と話す.

ギジュンは定期会見会場に欠席したユジンを見て休暇をとっていることを知る.ユジンは済州に旅行に行くことにする.
報道の気象内容に抗議に来たハギョンに、ギジュンは「交際中、仕事を優先するハギョンに、自分は仕事にも劣る存在だと寂しさを覚えていた.公私を分けるハギョンは高慢で、仕事の話だけされることに傷ついた.でも、今の自分はユジンに同じことをしていた.」と話した.
ハギョンはシウとギジュンの話を重ねる.

テギョンは会食を欠席したソクホに絵本の主人公のペンギンについて相談し、話が盛り上がる.

ハギョンの母はシウを呼び出し、ソクホとハギョンの相性を訪ねる.1つも合うところが無いと話すシウに、結婚は「異なる親から育ち、違う人生を送ってきた2人が合うはずがない.結婚は異なる2人が出会い、2人で1つになっていく.その過程が結婚生活で、完成形が夫婦」と話す.シウは「それでもシン・ホクソは絶対ダメ」と言う.

2課の女性3人だけの参加となった会食で、ハギョンはお酒を飲む.酔ったハギョンをシウは迎えに行く.

ハギョンは「私もあなたとうまく付き合いたい.適度に恋愛し、適度に好きになり、適度に安定しているのがいい.その限度を超えると自分が別人になるようで不安.あなたが、こんな適度が良い私でいいか、済州で考え決めて」と話す.

ハギョンが二日酔いで目を覚めた時は、シウは済州島行きの飛行機に乗っていた.

気象庁総括2課に、シウが爆発事故で目を負傷したしたと偶然居合わせたユジンから連絡が入る.
ユジンの様子を聞きに来たギジュンに、ハギョンは「あなたのせいで、社内恋愛に傷つきトゲトゲしく接した.また傷つくと怯え愛情表現しなかった.どうしよう」と泣いて話す.

気象レーダーには沖縄の西側に大型の台風が発生し済州に向かっていた.

気象庁に怒ったシウの父親が乗り込んできた.

以上です.

感想

ハギョンとシウは、回を重ねるごとに少しずつ心の距離を縮めて言っていますね.
失う、失いそうになって、今あるものが、どれだけ価値あるものだったのか気づき、後悔することがテーマの11話だったと思います.
シウのケガが気になりますが、ソン・ガンの目を隠してドラマが進むはずはないので大したことはないと思います.

第12話 変異地域

シウは済州島行の飛行機の中で、ハギョンと一緒に取った写真を見ながら2人の関係について考えていた.2人の時間を欲しかっただけだったが、小さな勘違いですれ違ってきていると思った.昨夜酔ったハギョンが「すごく好きだからつらい.私の正反対なところが好きだけど、つらくもある」と話していた.

シウの父は勤務中の息子のケガを盾に賠償金を請求しようと予報室で大声を上げていた.父親は「ハギョンとシウはモーテルに行く私的な関係だ」と課のスタッフがいる前で話す.答えられないハギョンに代わって、ギジュンが父親の対応をする.

16時間前
オム先任の娘は無事に退院したが、妻は先任と話をさせず帰宅する.ボミは職場見学で父親がカッコよかったと話す.
妻は気象庁に行き、オム先任に離婚届を渡す.

台風センターに着任したシウは、近づく2つの台風の進路について予測し、ソン課長の信頼を得る.気象庁では大型台風の進路予測で対応に追われていた.
ハギョンの母は、ハギョンに電話で「昨夜シウと夕食を一緒にした.彼はハギョンに恋慕っている」と話す.ハギョンが何も言わず電話を切ったため、母は両想いを疑う.

落ち込むハギョンとギジュンは食事をする.ギジュンは「ハギョンは結構いい女.自分と縁がなかっただけ」と慰める.ハギョンも「真面目で几帳面、鈍い面もあったが悪くなかった.私と合わなかっただけ」と話す.ギジュンは「バカにしていると思っていた.こういう話は以前すべきだった.誤解してすれ違った」と話し、ハギョンも「話し合わないと理解し合えない」と答える.

シウはセンターの職員と自動観測器の確認についていく.そこで実家に帰省中のユジンとユジンの甥っ子と会う.上空観測をすると言う職員に、甥っ子は見学したいと駄々をこねる.
観測のためシウは水素を注入し気球を膨らませているとバルーンが弾け、シウが倒れた.見学していたユジンがシウに近づいていた.

現在
局長が、シウの父の対応をする.父親は事故を隠蔽しようとせず補償しろとクレームを言い続ける.ハギョンは「息子の容態を確認してから補償を話すべき」と父親と一緒に済州島に行くことにする.ユジンに会いたいギジュンも有休をとり一緒に向かうことにする.

テギョンとソクホは2人で会う.新しい絵本の契約書の内容を読んだソクホは、マネージャーのふりをして出版社に著作料について交渉をした.テギョンがバツイチと話すと、ソクホは「ペンギンは産卵期だけ仲よくし、その後は新しいパートナーを探す.動物ではよくあること」と答える.2人は意気投合し朝食を行く.

ハギョンたちは、済州の病院に到着した.ハギョンはシウに泣きながら抱きしめ、シウは「大丈夫」と答える.父親が入ってきて補償金の話ばかりした、シウは父を連れてきたハギョンに当たる.ユジンはハギョンに「父親はヒルのような人.切り離したくても無理.シウにとって父親はおぞましい存在」と説明する.
父親は高額の補償金を得るため、ハギョンを脅す.シウは父親に消えてくれと言い父親に殴られ、勝手に退院してしまう.

追いかけてきたハギョンに「僕と父の関係は変えられない.あなたはもう自由.僕から逃げて.これが限界.僕たちは別れよう」とシウは言う.

次回 第13話・第14話あらすじ

韓国ドラマ「気象庁の人々」第13話・第14話 あらすじ・感想
Netflix配信のパク・ミニョン、ソン・ガン主演の韓国ドラマ『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能⁉』の第13話・第14話の詳細なあらすじです.(やっと)社内恋愛が予測不能になった第13・14話です!

Netflix公式へはコチラからどうぞ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

 

第11話のハギョンの母が話していた内容が著書「愛するということ」の要約とリンクされたので、ご紹介させていただきます.

『愛するって?』愛することの性質を解説
愛し愛され上手になる5つの方法!愛する力を高めるコツを解説

コメント

タイトルとURLをコピーしました