【サイドバー】からカテゴリーが表示されます!

『ロマンスは別冊付録』 第5話 エンディングの詩 翻訳

スポンサーリンク
ロマンスは別冊付録 エンディングドラマ解説
スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」のエンディングの詩は,2人の素敵な愛の歴史が表現されていて好きです.
画面の文字と字幕の分量が全然違うのが気になり,翻訳機を用いて翻訳してみました.
韓国語は全く分からないので,誤訳があると思います.

今回は,エピソード5のエンディング詩をご紹介します.

エピソード5 私も気になる、自分の心が

Netflix解説
意地悪な女性理事からの仕打ちにも負けず,新刊のアイディアを発表するダニ.その後,初めての月給をもらったダニは,ウノと食事に出かけることに.

ロマンスは別冊付録 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
記録的な若さで編集長の座についた天才作家と、どうしても仕事が欲しい元人気コピーライター。出版社の中でつづられるのは、どんな小説よりも甘く切ない恋物語。

1枚目

ロマンスは別冊付録 5話 1

엄마가 돌아가시고, 처음 맞는 생일이었다.
텅 빈 집을 생각하고 들어서는데, 보글보글 찌개 끓는 소리와 구수한 참기름 냄새가 났다.
강단이가 주방에서 요리를 하고 있었다.
“누나 일 바쁘잖아” 묻자, 그녀는 가볍게 어깨를 으쓱했다.
내 인생 최고의 생일이였다.

母が亡くなって、初めての誕生日だった。

がらんとした家を考えて入ると、ぐつぐつとチゲの沸騰する音と香ばしいごま油のにおいがした。

カン・ダニが台所で料理をしていた。

「お姉さん、仕事が忙しいじゃないか」と尋ねると、彼女は軽く肩をすくめた。

僕の人生で最高の誕生日だった。

 

 

2枚目

ロマンスは別冊付録 5話 2

긴 장마 후의 햇살,침대 옆에 놓인 작은 꽃다발,
문득 받은 초콜릿,마주 앉아 밥을 먹는 우리.
존재가 선물인 관계가 있다.우리가 그렇다.

長い梅雨の後の日差し、ベッドの横にある小さな花束、

ふともらったチョコレート、向かい合ってご飯を食べる私たち。

存在がプレゼントのような関係がある。私たちがそうだ。

 

3枚目

ロマンスは別冊付録 5話 3

남은 내 인생은 반짝이는 순간이
영영 지나고 남은 빛바랜 자국이 아닐까 불안했다.
도전할 날이 많다고 스스로를 다독였지만
문득, 더는 달라지 못할거란 두려움이 있었다.
다시 달릴 수 있을 것 같다.

残りの私の人生は輝く瞬間が永遠に過ぎて

残った色褪せた跡だけはないかと不安だった。

試練の日が多いと自らを励ましたが

ふと、もう走れないって 恐怖があった。

また走れそうだ。

 

4枚目

ロマンスは別冊付録 5話 4

강단이의 마음이 궁금할 때면 그녀가 읽은 책을 펼쳤다.
종이 위에 그녀가 웃고, 울고, 자신을 돌아본 문장이 있다.
나는 강단이가 어떤 마음으로 이 문장에 뭍줄을 그었을까 궁금해하며,
그 감정을 느껴보려 애쓰며 책 한 권을 읽어나간다.
강단이가 좋아하는 책을 읽으며, 그녀를 더 알아간다.

カン・ダニの気持ちが気になる時は彼女が読んだ本を開いた

紙の上に彼女が笑って、泣いて、自分を振り返った文章がある。

僕はカン・ダニがどんな気持ちでこの文章に下線を引いたのかと気になって、

その感情を感じようと努力しながら一冊の本を読んでいく。

カン・ダニが好きな本を読みながら、彼女のことをもっと知っていく。

 

5枚目

ロマンスは別冊付録 5話 5

출판사 입사 초기, 해내야 할 일들에 몸이 지치고 있었다.
수화기 너머로 요즘 힘드냐고 몇 번 묻던 강단이는 어느 주말 갑자기 집에 찾아왔다.
그녀의 손에 끌려 아무 버스나 탔다.

어디로 가는지, 어디서 내릴지 모르고 몸을 맡겼다.
“여기 좋다.”라고 내가 말하는 순간 강단이가 정차 버튼을 눌렀다.

出版社入社当初、やらなければならないことに疲れていた。

受話器の向こうに最近大変かと何度も聞いていたカン・ダニは,ある週末 突然家に訪ねてきた。

彼女の手に引かれてバスに乗った。

どこに行くのか、どこで降りるかわからず身を委ねた。

「ここだよ」と言った瞬間、カン・ダニが停車ボタンを押した。

 

 

6枚目

ロマンスは別冊付録 5話 6

첫 월급을 받은 기념으로 은호와 놀러갔다.
내가 추위를 많이 타는걸 아는 은호는, 수시로 내 손을 잡는다.
차가운 손에 온기를 불어주는 사람과 함께 시간을 보내는건 편안하고 행복하다.
은호와 있으면 문득, 이 순간이 계속되길, 하루가 더 길어지길 바라게 된다.

初給料をもらった記念にウノと遊びに行った。

私の寒がりが強いのを知っているウノは、頻繁に私の手を握る。

冷たい手に温もりを与えてくれる人と一緒の時間を過ごすのは,安らかで幸せだ。

ウノといると ふと、この瞬間が続くように、一日がもっと長くなることを願うようになる。

 

 

7枚目

ロマンスは別冊付録 5話 7

삶이 버거운 날 은호에게 전화를 했다.
낮은 내 목소리를 듣고 힘든 일이 있다는 걸 눈치채지만, 아무것도 묻지 않는다.
우리는 실없은 대화를 나누다 전화를 끊는다.

人生が辛い日、ウノに電話をした。

私の低い声を聞いて大変なことがあることに気付くが、何も聞かない。

私たちは無難な会話をして電話を切る。

※画像出典:tvN Twitter

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.
タイトルとURLをコピーしました