韓国ドラマ「明日」第16話(最終回) あらすじ・感想

スポンサーリンク
Netflix 明日 韓国ドラマ あらすじNetflix配信
スポンサーリンク

Netflix配信の韓国ドラマ「明日」の第16話のあらすじです.

玉皇会長やク・リョン、ジュヌンの励ましの言葉が好きで、慰めや励ましのセリフは詳細にまとめています.

良いドラマ♪ ドラマ楽しんでいきましょう!

「明日」登場人物一覧

ク・リョン死神、「走馬灯」危機管理チーム チーム長
チェ·ジュヌン半人半魂、危機管理チームの契約社員
パク·ジュンギル冷血なカリスマ死神、引導管理チーム長
イム・リュング死神、危機管理チーム代理
玉皇あの世の独立企業『走馬灯』の会長
チャン·ジェヒ「引導管理チーム」のエリートチーム員
チョン·スイン「引導管理チーム」チーム員

韓国ドラマ「明日」概要・相関図・登場人物紹介・あらすじ

「明日」あらすじ

“死んだ人”を導いていた死神たちが、これから“死にたい人たち”を助ける“あの世”のオフィスヒューマンファンタジー.作家ラマの同名のNAVERウェブ漫画を原作にした作品

Netflixは、ログインしたらコチラ【韓国ドラマ「明日」】から視聴できます.

第16話 運命の糸

主要人物以外の登場人物

  • リュ・チョヒ … 元アイドルで女優の自殺予定者.コプタンの転生
  • ハ・デス … 地獄の代表

 

会長は、自殺者が急増し救うべき者が現れるまで、地獄にいたリョンを引導管理チームに所属させる.2度の転生後もリョンに先立たれた心の傷が魂に刻まれたパク・ジュンギル チーム長をリョンに会わせる.地獄出身者を見下すパクチーム長はリョンを犯罪者の引導担当を指示する.

 

走馬灯会長の座を狙うハ・デス代表はチーム長達を集め、リョンを地獄に収監し転生の機会を奪うことを告げる.

玉皇会長はイム代理を営業チーム、ジュヌンを映像チームへの異動を命じる.納得しないジュヌンは、パクチーム長の協力を得てリョンを助けることを思いつく.
ジュヌンはパクチーム長に悪夢を見れば、自殺を嫌悪する理由が分かると伝える.チーム長は営業チームで自分の悪夢を見て、リョンとの過去を知る.

ジュヌンとイム代理はチョヒの批判をする映像配信者を殴るリョンを止める.
ジュヌンは「何としても助けるのが僕らの仕事、大事な唯一の友達チョヒを助けないと! 大勢の助けた自殺予定者は幸せに過ごしている.なのにリョンは違う.不幸な人が人助けをしても何の意味もない」と説得した.

デス代表がリョンを捕まえに現われる.パクチーム長も現れリョン達を逃がし、チーム長がデス代表に捕まる.

病室で目覚めたチョヒは傷だらけの顔を見て悲観し、病室の窓から飛び降りようとする.リョンが現れ、飛び降りを止めた.

リョンは前世で石を投げられチョヒの前世が守ってくれた事を思い出しながら「悪く言う人もいるが悲惨な人生じゃない.私が守る.これ以上、静かに石を投げられるのを見過ごさない.何が事実で、何がウソか暴いてやる」と励ます.

ジュヌンとチョヒの2人に赤い糸を見たリョンは、ジュヌンにチョヒの面倒をみさせる.

 

リョンは会長に地獄行きの覚悟と謝罪を伝える.会長はパクチーム長が全ての責任を負ったと教える.

会長は、パクチーム長を尋問するデス代表に「チーム長はリョンもチームも嫌っていたから逃がすはずはない.死神の責任保証でチームをつぶそうとした.だからリョンは人間に罰しようとした」と証言した.

チーム長に「上司に逆らい混乱させた責任として、1カ月捕らわれた状態で過ごし、半年間平社員に降格」と命じた.

 

数週間後、チョヒとリョン達はジュヌンの手料理を食べる.初めてチーム全員での食事だった.チョヒはみんなで食事するのが幸せだと気づく.

リョンとイム代理は、チョヒファンの元検事や元弁護士の死神が作成した控訴状をチョヒに渡す.SNS等のネット上で悪口を書きこんだ人達を監禁し、数十万件の書き込みコメントを削除させる罰を与えた.

夕焼けのように消えたくないとチョヒは復帰を恐れる.
夕焼けは多くの人に毎日感動を与える.最大限に輝いて美しく暮れればいい.その時間を大勢が記憶し、暮れるまで一緒にいてくれる」とリョンは励ました.
チョヒのネガティブ度は下がる.

 

リョンは罰を受けているパクチーム長に会いに行く.
2人の関係を話さなかった理由を問われ、リョンは「夫婦だったが縁は切れてしまった.感情が残っても、昔のこと」と答えた.

「助けに行ったのは、感情ではなく自尊心の問題.リョンを誤解し愚行を演じた.自殺者を助けるのは君の役目」とチーム長は伝えた.リョンは感謝を伝える.

会長は、ジュヌンはリョンとパクチーム長の長年の縁と感情を解決するために来たとリョンに話す.
リョンは「チョヒが最後の任務だと思い、地獄に戻ってもいいと覚悟した.でもジュヌンの言葉で気づいた.“私が助ける最後の人は自分自身だ”自分を助けるのは自分しかいない.だから私が危機管理チームを任された」と話す.

いま最も望むものを会長に問われ、リョンは「危機管理チームを正式なチームに.事務所を最新式に.イム代理を課長に昇進を.チーム員の増員を」と答えた.
会長は、ジュヌンは役目を果たしたから早めに返すと話した.

リョンはジュヌンに「もう帰る時間よ」と伝える.
突然のことに驚くジュヌンに「縁は好き嫌いに関わらず、一度は切れるの.お疲れさま.さようなら、ジュヌン」と言う.

 

全てを忘れジュヌンは病室で目を覚ます.

半年後、スーパーパスを手に入れたジュヌンは会社に就職する.取れにくいチョヒのコンサートチケットが当選したり、会社の上司に可愛がられたり順調に過ごしていた.

ジュヌンは仕事に悩む同僚に気づき、会社の屋上から飛び降りようとするのを止める.「希望を持っている人なんて多くない.日常の小さな幸せに人は満足するもの.一緒にチョヒのコンサートに行こう」と励ます.

同僚を助けに来たリョンとイム課長と様子を見に来たパクチーム長がジュヌンを見守る.

ジュヌンは3人に誰かと尋ね、リョンは「元上司、死ねばわかる」と答えた.イム課長は49年と2か月後にスカウトしようと提案し、パクチーム長は(引導を)協力しようかと話す.不審がるジュヌンに、リョンは「私たちは死神」と言う.

以上です.

感想

とても良い元気をくれるドラマでした.

自分を救えるのは自分自身を基本に、
危機管理チームの3人は
常に自己肯定感を上げる励ましの言葉をくれました.

最後のシーン、
この世に帰っても自殺者を救うジュヌン!

これから約50年間、何度もリョン達と会いそう((笑))

スーパーパスのおかげで
ジュヌンとチョヒは本当に赤い糸で結ばれ、
49年と2か月後に
寿命を全うしたジュヌンをジュンギルとリョンが引導し、
リョンとイム・リュングが危機管理チームにスカウトする!

そんな未来が想像されます♪

 

テーマが自殺と重い内容でしたが、
危機管理チームのチームワークのおかげで
楽しく、かつ死に対して考えさせられた素敵なドラマでした.

まだ視聴されていない方!
ドラマ視聴、おススメです♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございます♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました