韓国ドラマ「アダマス」相関図、登場人物など

スポンサーリンク
アダマス チソンDisney+配信
スポンサーリンク

Disney+配信中のチソン主演「アダマス」の情報をまとめました.

内容

  • 概要
  • 相関図
  • 登場人物紹介
  • 予告など

視聴と共に情報を追加予定です♪
が…観たいドラマが立て込んでて・・・いつになる事か・・・

チソン主演ドラマに外れなし!
めっちゃ面白そうなので楽しみです!!

アダマス 概要

父を殺したという実父の汚名を晴らすため、真犯人を探す兄と、殺害の証拠である“アダマス”を探す弟による、双子の兄弟の真実を追う物語

原題아다미스
演出パク・スンウ
脚本チェ・テガン
企画studio dragon
共同制作メイスエンターテイメント
出演チソン、ソ・ジヘ、イ・スギョン
放送tvN・Tving(水・木)22:30~
放送期間2022.07.27~2022.09.15(全19話)

韓国公式サイト

アダマスとは?

双子の兄弟として生まれたウシンとスヒョン
睦まじい家庭で幸せな日々を送った幼い頃、善良な父親は殺され、犯人は死刑囚になる

22年後やっと2人の息子を育てた母の遺言
「お前の父を殺した死刑囚。 彼は悔しい」
独り遺言を聞いて大きな衝撃に陥ったウシン

数日後、飛んできた匿名の手紙は22年前の事件の真実を根こそぎ揺るがすのに..「死刑囚、イ·チャンウは真犯人ではない」

そこで新たな証拠を確保、再審を請求するため、当時消えた殺害凶器と推定される「アダマス」という名前のダイヤモンドの矢を盗もうと決心する.

ヘソングループのクォン会長の回顧録代筆作家として彼の邸宅に入城!
真犯人は誰だろうか。アダマスを持った者が最も有力だ。

一方、スヒョンは突然訪れた記者ソヒと対面して22年前の事件の唯一の目撃者が偽証した事実が分かるようになるが..殺害された父親の事件に対する疑問を抱くようになり、隠された秘密を暴き出す.

太陽と月ほど違う性向の2人の男
各自のやり方で巨大な闇勢力に立ち向かうのに…!

真犯人を探す兄スヒョン
アダマスを探す弟のウシン
二人に一人、双子の兄弟の真実追跡記。

*出典:公式サイト

相関図

アマダス 相関図 テソン

出典:公式サイト

登場人物紹介

出典:公式サイト

ハ・ウシン

ウシン アダマス テソン 弟

ベストセラー推理小説作家

双子の弟、本名はソン·ウシン。
ペンネームは母の姓にならって「ハウシン」。

人生を知り尽くしているような、人間を知り尽くしているような、まるで小説の中の主人公キャラクターのような彼は、人の観察が趣味の心理学博士出身で、その分野で独歩的な存在感を誇っていたところ、心理描写が卓越した推理小説作家に生まれ変わった。

穏やかな言葉遣いと適度なユーモア、思慮深い性格のせいで知らない人たちは彼を人類愛あふれるヒューマニストと勘違いするが、どんな瞬間にも簡単に平静を失わない極めて理性的な人物。

高い自尊心できれいに育ったようでも、実はかなり劇的な人生史が隠されている。
出生の秘密、私生児だ。
母は腹中に双子を抱いたまま父に会い、父はそんな母をただ献身的に愛した。彼らはそうして家族になった。

絵のように幸せだった幼年時代が過ぎ、15歳になった年.. 悲劇が始まる。父の突然の死
殺人者は80年代の権力者を相手に神出鬼没な窃盗行為を行った大昌イ·チャンウ。
殺人の理由は恥ずかしいほどみすぼらしい、たった10万ウォン。引越しトラックの掛け金だった。

その後、母は屈せず二人の息子を立派に育てたが、長い間持病の末に目を閉じる.ウシンに衝撃的な遺言を残したまま。「お前の父を殺した死刑囚。 彼は悔しい。」

双子の兄スヒョンにさえ言い難い、混乱した真実。努めて無視したところに、匿名の手紙一通が飛んでくる。

父の事件現場から消えた殺害凶器
殺害凶器がまさに世の中で一番高いダイヤモンドの矢であり、大韓民国屈指の財閥企業へソングループの象徴「アダマス」だって!!

 

ソン·スヒョン

アダマス スヒョン 兄 テソン

中央地検特捜4部平検事

双子の兄
大統領が来ても差し込めば、ひとまず突きつける.おっちょこちょいな性格のせいで「ソン·ガクハ」と呼ばれる中央地検の有名人

静かなオーラで圧倒するウシンとは違い、喜怒哀楽明らかな動的な人物、甚だしく感情的だ。 だから人間的でもあるし。

勉強ヘアスタイルはあるので中高一貫全校1位。ギリギリのスピードで乗っていた息子も母への愛情はこの上なく、お母さんが望む判検事道に直進!たびたび父のせいで検事になったのか誤解を受けたりもするが、すべては母親のせいだ。

家出するたびに毎回探しに来ていた厄介なあいつの功も3割ぐらいはありそうだし。検事のタイトルをつけたら、適性にぴったりだった。悪い奴らを殴りつけて、悪い奴らを殴りつけて地位の上下を問わず! 天下恐るべしスヒョン、心配事はただ泣くだけ。

お母さんが亡くなった後、心が落ち着かないことを見守ろうとすると血がさめる。そんなウシンが一ヶ月間旅行に行くと言った時、内心うれしかった。

一安心したと思っていたところを訪れた招かれざる客。いきなり訪ねてきて父を殺した死刑囚イ·チャンウが濡れ衣を着せられたと主張する記者キム·ソヒ。最初は気が狂ったのかと思った。

ところで、キム·ソヒが置いていった資料をじっくり調べてみると、ひょっとしたら…?という気がした。あの日の秘められた話を掘り下げることにしたが…。埋めれば埋めれるほど合わせられるパズルのピース、生まれつきの喧嘩屋であるスヒョンの触手を刺激する。

 

ウン・ヘス

ウンヘス アダマス

ヘソングループ長男の妻

ウングク病院の一人娘。美しい外見に高雅な雰囲気、温室の中できれいに育った草花.へソングループ次男の恋人だったが、長男と政略結婚した悲運の女.愛情のない結婚生活3年目.この邸宅を脱するには、2つの場合のみ。死ぬか、へソンが滅びるか。

純真無垢だった娘はいつの間にか毒気を含んだ女性になり、ついに証券街のチラシでは、「尋常ではない」と噂になっているが…。そんなある日、夫のヒョンジョから衝撃的な事実を聞くことになる。もしかしたらへソンを抜け出すこともできるし、いや、崩せるかもしれない···。

ウンヘス、彼女は草花だ。注意事項は観賞用。むやみに触ったら怪我するよ?それを知らずに家に入れたのは、クォン会長の判断ミス。何を考えているのか分からない彼女が徐々に、ひそかに動き出す.そして、すぐにへソン院に入ってきたウシンと出会うヘス。アダマスを盗みに来たという狂言を言う作家ハウシン。盗みに協力しろと言うだけでは足りず、課題まで投げかける。

この人、邪魔なのか、私に来たチャンスなのか。

 

キム·ソヒ

キムソヒ アダマス 記者

TNC社会部記者

甘く見ると鼻を折られがち。どこかに行っても怒りでは押されない。不義を見ると我慢できず、ついに狙撃技師を書きかけられて増えていく告訴状と脅迫。にこにこ笑顔で人を捕まえる、正義の熱血記者

あいつがそいつという不正腐敗の名前の中で特に目の敵のような人物がいた
与党セヌリ党のファン·ビョンチョル議員
取材に行くたびにその名前が挙がったため、一つ一つ剥く記事を作成、普通の政治部記者より、議員に対して厳しい状況に至った。

ところで!そんな安っぽい人間が大統領選候補になったのだから、痛嘆すべきことだ。
防がなければならない!あいつが大統領になったら、死刑執行が再開されるだろうし、無念に「彼」が死ぬ。

ソヒの格別な正義には事情がある。22年前、大都として有名だったイ·チャンウが犯した唯一の殺人事件。彼が有罪判決を受けることになった決定打は、目撃者の証言のためだったのに…彼女は知っていた。それが実は、うその証言であったことを。

その時からだろう。
強迫的に正義に執着するようになったのが。まるで贖罪でもあるかのように勇気を出してスヒョンを訪ねて知らせる。あなたのお父さんを殺した、真犯人は別にいるって。しかし、その瞬間には分からなかった。それがこのすべての悲劇の序幕になるとは。

チェ総括

へソングループ邸 保安総括責任者

荒っぽい言い方、海千山千の男 とんとん吐く暴言ほど性質も火のようだが、思ったより弱い。

自らそれが弱点だと判断し、表向きはもっと悪いやつコスプレをしているところ。お金の前に商売がないと、へソングループの社主を受けて同僚を内部告発罷免させ、その代価として巨額の年俸が保障された.へソングループ クォン会長邸の保安総括責任者に抜擢された。

趣味は屋敷の裏手の森に出てキジ狩り。 誠実勤務(?)2年目、静かだった邸宅に突然サンニムが登場した。 会長の回顧録「代筆作家」というハウシン、邸宅に入ると直ぐにあちこち回って面倒だ。 本人はヘソングループの象徴、アダマスを盗みに来たといううわごとを言って自分の手助けをしてほしいと言っているが…。

命令に死し命令に生きるチェ総括 彼の選択は?

 

クォン会長

へソングループ会長

頭を下げる方法を習ったことがない。 頭を下げる人間はすべてその毛を切ってしまえばそれで終わり。 権威に心酔した傲慢な帝王だ。 私の言うことが法です。あなたは従えばいい。 政治、経済、法曹界、大韓民国のどこにもへソン、クォン会長の影が垂れ下がっている。 大統領までむやみに無視できない実力者の実力者。

外見はジェントルな老紳士だが、本音はサイコパス顔負けの冷血漢だ。 帝王の人生を記録するために回顧録を残したい。 そのようにウシンを代筆作家としてへソングループの邸宅、へソン院に入れる。ウシンを初めて見た時、とても興味深かった。

よく知っている誰かと似た微笑を持ったウシン…笑顔の後ろに刀を抱いているとは知らず。

クォン執事

へソングループ邸宅執事

何に心痛い思いをしたのか、いつも不満そうな表情 つんつん杖をついて歩いていて、捻挫したらつんつん杖で殴りつける、心苦しい老人だね。 その軽薄な笑いの花が満開する時は、ただクォン会長を迎える時。 飼い主に対するその忠心はまさにひまわりといえる。

家の代々クォン氏の奴婢で、身分制が撤廃され、姓氏のない宗が主人の姓に従ってクォン氏になった。 天地は開けたのにまだ代を継いでクォン会長の忠僕になった人。

クォン会長が天であり、真理であり、宇宙だ。 ところが、代筆作家といって入ってきたやつが気に障り、ぴょんぴょん跳ねるほどだ。 ご主人はどうしてあいつをしきりに包んで守るのか。 怪しい奴から会長を守るために必ずあいつを追い出す。

クォン·ヒョンジョ

ヘソングループ長男、代表取締役

クォン会長が生まれつきの冷血漢なら、ヒョンジョは学習された悪魔。 「父親の真似」優等生だ。 見せかけの行動により、大衆的なイメージはグッド。 惜しくも嫡長子として生まれたが、次男で庶子のミンジョにいつも押された。

父親はヘソン後継者に自分ではなくミンジョを指名した。 深い絶望の中でも一筋の光は来るものなのか、ミンジョが突然死亡した。 ウングク病院の娘ヘスとの政略結婚を命じられたが、それしきのことは大したことじゃない。 以後、経営だけに昼夜を問わず邁進したが、ブレーキがかかる。

ソン·スヒョン。22年前、自分の父親の事件を暴くために騒いでいるが、殺してしまおうか。 行方不明、自殺? 事故死がいいのか。 目下悩み中

 

ユン秘書

クォン会長の随行秘書

草の香りがしそうな清純可憐な外見にしっかりした仕事ぶり。 名前はユン・ジン。 保育園の園長がつけてくれた名前だ。 チン·ソンミ、捨てられた3姉妹の中で1番目。 三番目は病気で亡くなり、二人の姉妹だけが生き残った。 聴覚障害者で、幼い年にクォン執事の手に引かれて邸宅に入ってきた。その日からヘソングループの手足に育てられた。 喜怒哀楽の感じられないいつもの表情をしている、心の中がわからない人物。

 

イ·ドンリム

ウシンの門下生

ただただ明るい。言葉が脳を通さずにすぐ出てくる世間知らず。 悪意はないんだけど、聞いてるとこれはメチャクチャしてるのかな? かしげる話法の持ち主 あまりにも明朗少年なので押し付けることもできず、でも子供は優しい~と包装される人間型。

父の手術の費用のために、ウシンに従って邸宅に入ってきた。 他人のお金で高い食事をしてホテルより良いベッドで寝転がって遊んでいたと思ったが、愚かな人は怪しい。 回顧録執筆ではなく、他の目的があるようだ。 ところが、この邸宅はなおさら怪しい。 私、ここにいてもいいのかな?

 

オ女史

メイドたちの長

ヘソングループメイド10年目。経験豊富なベテランだ。 義理なんかわからず、お金に付いて行く人物で、どちらにも属さないこの家の中で最も危険な灰色分子。ハウシン氏。 私の心を買いたければ、お金をください。 いくらもしないよ。

 

パク·ヨウォン

ヘソングループ 邸宅保安要員

優秀な身体能力で特別採用されたエース保安要員。 何事にも慎重な姿で邸内のカリスマを担当する。

 

キム·ヨウォン

ヘソングループ邸宅 保安要員

整った顔立ちのしっかりした青年。ウシンの小説を丸暗記する大ファン。

 

イチーム長

ヘソングループ秘密組織チームAのチーム長

ヘソングループの解決師 歯をむき出しにして声もなく笑う、涼しい笑顔が彼のアイデンティティ。テソンを妨害する人物を中心に、事故死、突然死、自殺、失踪など多様な方法で苦情を処理する。 特殊部隊軍出身で、早くから能力を認められ昇進街道を走ったエリート要員。 現在実質的なヘソングループのナンバー3だ。 チームAにオーダーを下せるのは、ただクォン会長とヒョンジョ。 そして、イチーム長だけだから。

いつも余裕がある。その気になれば誰でも殺してしまうという自信だろうか。 そのようなイチーム長を焦らせる脅威的な存在の出現。 ある検事の下っ端が22年前の事件を暴こうと躍起になっているが、ソン·スヒョン。 その子が気になる最大の理由は、奴が暴れるほどイ·チャンウが危険になる。 22年待った。 まだイ・チャンウを生かしておかなければならない。

サン

統制不能 チームAのエース

最終兵器彼女、活動名サン。 本名はユンソン、ユン秘書の妹だ。 どこに飛ぶか分からない性格で、クォン執事まで拳を上げた意地悪。 若葉から気付くと、その馴れない性格のせいで早くもチームAに抜擢された。 名を馳せたが、現在は自粛中だ。

すっきりとした仕事ぶりは申し分ないが、必要以上にターゲットを苦しめるスタイルを固守して左遷された。 特捜本とチームAの対決が水面上に浮かび上がると、再び呼び出される。 サン、伸びをする。 一度、遊んでみようか?

チョン課長

チームAのナンバー2

圧倒的なフィジカルと卑劣な頭脳で、イチーム長とともにチームAの前半をリードしている。 近いうちにいつかイチーム長を破って第一人者になることを期待しており、イチーム長が天下りで入れた中途半端な末っ子のイ課長の落ちが不満だが、その期待と不満の全てを表に出さないままイチーム長のそばで忠実に任務遂行中だ。

イ課長

チームA要員、イチーム長の実弟

最も尊敬する人が実兄のイチーム長。 お兄さんはいつも自分を子供のように見て信じられないが、早く証明してあげたいだけ。 誰よりも現場体質だということを。

カン·ヒョクピル

特捜本部長

のそのそした声 極限状況でも動じない石仏 彼の生涯の宿願は、ヘソングループの秘密組織を瓦解させることだ。チームAの実体を明らかにして懲らしめるため、水面下で静かに動き中。目的のためなら手段と方法を選ばない。

信念があるから、やり方が間違って後ろ指を差されても耐える意志もある。 最悪の場合、すべての責任を負って未練なく去る大物船。 カンに特殊本の全権が握られた理由は簡単だ。 どのラインにも属しておらず、どこにも縛られず活動が可能とのこと。

言い換えれば、事がこじれた場合、保護勢力がいないため除去も容易だという反証。

ミス·リー

特殊本精鋭要員

書類上では警察組織にない存在。コンピューターもうまいし格闘もうまい。 内勤職と外勤職の両方が可能なマルチ型要員。 次悪になっても最悪を取り除くことが正義だというカンの信念に基本的に従うが、時には大義という名分の下で行われることに警戒心を緩めない人物

ミスター·ハーン

特殊本精鋭要員

透徹した使命感と若干の生真面目さ 特殊本要員が天職だ。 いつもカン·ヒョクピル本部長のそばで自分の役目を全うする。

ファン·ビョンチョル

新未来党大統領選候補

ヘソングループがサポートする大統領選候補大統領のポストさえ与えれば、金と権力の前で限りなく安価な膝を持った人事だ。

検事出身らしくスローガンは「法統領」。 「死刑執行再開」を大統領選挙公約にかけて歴代級の票集め中だが、当選が有力だという評価だ。

事実、「死刑執行再開」公約はヘソングループが提案したディールだ。 公約に掲げさえすれば、選挙資金を支援するというのに断る理由は? 人権も何も私のアルバイトでもないし、私は大統領府入りさえすれば〇。

ウン院長

ウングク病院の病院長。 ヘスの父

仲間同士で遊ぶからといって、ファン候補と兄、弟の関係。 成功してこれくらいなら名門家だと思うけど、息子がいないね。 婿でもよく見ようと思ったら、感心することにヘソングループの次男と恋愛をするという。 政界側には黄候補の人脈が堅固で、財界側には権会長さえ釣れば最高だ。 予備婿のミンジョが死亡すると、廉恥もなく長男の嫁の席にヘスを押し入れる。

大道イ·チャンウ

死刑囚

80年代、高位層を対象に神器に近い窃盗行為を行った大都。 大都として活動して警察に捕まり15年間刑務所で暮らして出所するが、出所するやいなや引越しトラック運転手ソン·スンホを殺害した疑いで死刑囚になり22年間服役中だ。

各話予告

第1・2話

第2話予告

第3・4話

第3話予告

第4話予告

第5・6話

第5話予告

第6話予告

第7・8話

第7話予告

第8話予告

第9・10話

第9話予告

第10話予告

第11・12話

第11話予告

第12話予告

第13・14話

第13話予告

第14話予告

第15・16話

第15話予告

第16話予告

以上です.

最後まで読んでいただき、ありがとうございます.

コメント

タイトルとURLをコピーしました