『ロマンスは別冊付録』第15話エンディングの詩 翻訳【Netflix】

スポンサーリンク
ロマンスは別冊付録 エンディングドラマ解説
スポンサーリンク

韓国ドラマ「ロマンスは別冊付録」のエンディングの詩が好きです.
2人の心の中の素敵な愛が表現されています.
画面の文字と字幕の分量が全然違うのが気になり,翻訳機を用いて翻訳してみました.

今回,エピソード⑮のエンディング詩をご紹介します.

韓国語は全く分からないので,誤訳があると思います.

雰囲気を感じていただいたら,幸いです

Epi.15

Netflixあらすじ
ウノの秘密を知り,過去の言動の意味をかみしめるダニ.原稿にまつわる謎を解明しようとするウノだったが,調査に乗り出したのはウノだけではなかった.

ロマンスは別冊付録 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
記録的な若さで編集長の座についた天才作家と、どうしても仕事が欲しい元人気コピーライター。出版社の中でつづられるのは、どんな小説よりも甘く切ない恋物語。

1枚目

ロマンスは別冊付録 15話

불공평한 세상에서 단 한 가지 공평한 것은
누구에게나 인생은 한 번 뿐이라는 것.
한 번 뿐인 인생을 어떤 문장들로 채워나갈 것인지는
지금 만년필을 손에 쥔 당신에게 달려있다.

不公平な世界でたった一つ公平なことは

誰にでも人生は一度だけだということ。

一度だけの人生をどんな文章で埋めていくかは

いま万年筆を手に握っているあなたにかかっている。

 

2枚目

ロマンスは別冊付録 15話

더 이상 약속을 믿지 않는 세상에서 약속을 지킨다는 건,
누구도 발견해주지 않는 먼 궤도 속을 한 없이 떠도는 외로운 별이 되는 일과 같다.
그러나 별은 빛나기 마련이고,
우리는 그 순수한 빛을 통해 어두운 밤하늘을 새로운 감동으로 맞이하게 된다.
그렇게 하나 둘 별이 되어 은하수를 이루는 우리가 된다.

これ以上約束を信じない世の中で約束を守るということは、

誰も発見してくれない遠い軌道の中を限りなく漂う寂しい星になるようなものだ。

しかし、星は輝くものだし、

私たちはその純粋な光を通じて暗い夜空を新しい感動で迎えることになる。

そうして一つ二つ星になって天の川を成す私たちになる。

 

 

3枚目

ロマンスは別冊付録 15話

누군가가 나를 위해 울어준다는 것.
그 눈물을 내가 닦아줄 수 있다는 것.
그렇게 우리가 진심어린 사랑 속에 이미 들어와 있다는 것.
그것만으로 나는 지나온 모든 날을에 위로를 받았다.

誰かが私のために泣いてくれるってこと。

その涙を私が拭ってあげることができるということ。

そうやって私たちが心のこもった愛の中にすでに入っているということ。

それだけで私は過ぎ去ったすべての日を慰められた。

 

 

4枚目

ロマンスは別冊付録 15話

두 주인공의 마음이 이어지면 ‘해피엔딩’이라는 이름으로 끝나는 로맨스만화를
시시하다고 생각했던 때가 있었다.
하지만 지금은 안다.
삶은 만화보다 더 복잡하고, 그 시시한 ‘해피엔딩’을 위해 우리는 끊임없이 노력하며
절실하게 사랑해야한다는 걸.
우리는 이제야 그 긴 여정을 위한 준비를 마쳤다는 걸.

二人の主人公の心が続いたら 「ハッピーエンド」という名前で終わるロマンス漫画を

つまらないと思った時があった。

でも今は知っている。

人生は漫画よりもっと複雑で、そのつまらない「ハッピーエンド」のために 私たちは絶えず努力しながら

切実に愛さなければならないということを。

私たちは今になって その長い旅のための準備を終えたということを。

 

 

5枚目

ロマンスは別冊付録 15話

우리는 모두 사소한 존재들이다.
드넓은 세상 속 보잘 것 없이 작은 존재들이다.
하지만 그렇기 때문에, 우리는 넓은 세상 속 어디라도 갈 수 있다.
무엇이든 해낼 수 있다. 당신이 원하기만 한다면.

私たちはみんな些細な存在だ。

広い世の中の取るに足らない小さい存在だ。

だからこそ、私たちは広い世界の中をどこへでも行くことができる。

なんでもやりこなせる。あなたが望みさえすれば。

 

6枚目

ロマンスは別冊付録 15話

작은 푼작날 하나가 여러 온기가 되어 되지는 것처럼, 열청은 전열된다.
망망대해 같은 저마다의 인생 속 꿈의 여정에서,
타인의 것이었던 그 물시는 위물가 되고 회망이 되고 기쁨이 되어
또 다른 누군가의 뜨거운 도닥물로 리어난다.

小さな焚き火一つがいろいろな暖気になって広がるように、情熱は伝染する。

茫々たる大海のようなそれぞれの人生の中の夢の旅路で、

他人のものだったその火種は 私たちの慰めになり希望となりうれしさとなり

他の誰かの熱い焚き火が咲く。

 

7枚目

ロマンスは別冊付録 15話

이 순간, 은호를 외로운 시간 속에 홀로 두었던 과거를 더 이상 후회하지 않기로 결심했다.
후회할 시간에 한 번 더 다정히 은호의 머리칼을 쓸어주고,
함께 있어주지 못했던 시간만큼 함께 있겠다고…
그 시간보다 더 길고 긴 시간을 뜨겁게 사랑하겠다고,  나는 그렇게 결심했다.

この瞬間、ウノを寂しい時間の中に一人にしておいた過去を これ以上後悔しないと決心した。

後悔する時間にもう一度 優しくウノの髪を撫でてあげて、

一緒にいられなかった時間だけ一緒にいるって…

その時間よりもっと長くて,長い時間を熱く愛するって、私はそう決心した。

*画像出典:tvN Twitter

 

第16話(最終回)は新しい詩はなく,過去の詩となっています.
こちらからどうぞ.
『ロマンスは別冊付録』 エンディングの詩 第16話(最終話)
最後まで読んでいただき、ありがとうございます.
タイトルとURLをコピーしました