韓国ドラマ「気象庁の人々」第2話 詳細あらすじ・感想

スポンサーリンク
気象庁の人々 ソンガン パク・ミニョンNetflix配信
スポンサーリンク

Netflix配信の『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能⁉』の第2話の詳細なあらすじです.

パク・ミニョンとソン・ガンの魅力発揮な第2話!

状況を理解するための詳細にあらすじをまとめました

ドラマ、楽しんで視聴していきましょう♪

気象庁の人々 相関図

気象庁の人々 相関図

詳細な登場人物紹介はコチラをどうぞ!
「気象庁の人々」登場人物紹介

第2話 体感温度

ギジュンは笑顔で「経済力が無いからマンションは半分にしよう.俺は本庁に残ることにした.同じ職場だとお互い気まずいだろう」と一方的に言い、笑顔で帰っていった.

ハギョンの母は「ご先祖様のおかげ.“別れてくれてありがとう”とそいつにお礼を言う日が来る.初対面から妙な感じだった.挙式1カ月前に破談にし、うちに贈る記念品をハギョンに半分負担させる非常識な男.問題が起こる前にマンションの名義を変えなさい」と忠告する.母はギジュンの言葉を信用していなかった.

5月、陽ざしは暖かいが、風のため体感温度は2度と寒く感じる日々.
気象庁玄関で入館証を忘れたシウが入館できずにいた.シウはハギョンの声をかけで入館でき、「今日から2週間、総括2課の特報予報官として勤務する」とあいさつする.

ハギョンは局長にシウの出向の抗議に行くと、オム・ドンハンも総括2課の先任予報官として赴任していた.局長は「夏は災害が多く忙しい.オムは、ハギョンがスイスに行くまでの段取りだ.シウは未熟だが勘が鋭い.いざという時の強みになる.1週間以内にスイス行きを決断しろ」という.

ハギョンは、ギジュンの妻チェ・ユジンが同僚たちとのろけ話をしているのを聞く.とっさにハギョンはトイレに逃げ込むが、トイレの中でもハギョンとギジュンの別れ話を噂していた.

2課のスタッフたちはオムの異動を歓迎するが、ハギョンの部下になると知り戸惑う.
さっそく、シウとオムは気温低下の原因について口論していた.ハギョンが注意し口論を終了させる.2課のスタッフ達は課の雰囲気の悪さを感じていた.

ギジュンが仕切る記者への報道会見で、チェ・ユジンが質問をすると他の記者がユジンをからかう.ハギョンはその様子を見てイラつく.そして、ハギョンが気象低下を解説するとユジンは「今回は予測が当たるいいですね」と嫌味を言い、さらにハギョンをイラつかせる.

会見後ギジュンはハギョンに「気象庁創設以来の最年少課長昇進おめでとう.マンションは半分ずつで損しない」と話しかける.
ハギョンは「私が半分支払ったテレビをなぜ持っていった?家電品を返却してから話し合いましょう」と反論する.ギジュンとハギョンは小声で口論が始まりそうになった.シウがハギョンに「局長が呼んでいる」と声をかけ、口論は終わりとなった.

ギジュンはシウに見覚えがあり、「結婚式でブーケを?」とシウに声をかける.シウは人違いと答え、ハギョンの後を追った.ギジュンはユジンにもシウのことを尋ねるが、ユジンも人違いと答える.

シウは、局長に会いに行こうとするハギョンに「困ってそうで嘘をついた.会見場では何も見ていない.少し休憩してから課に戻っては」と声をかけた.ハギョンは階段踊り場で一人コーヒーを飲みながら心を落ち着かせることにした.

課に戻ろうとするシウをユジンは呼び出す.
駐車場の陰でユジンはシウに「ブーケの一件で気が済んだでしょう.つけ回さないで」と苦情を言う.
シウは「誤解だ、出向.あの男にこの場をみられて大丈夫か?」と反論する.
ユジンは「シウのことも同棲してたことも彼は知らない.絶対秘密」と話す.
シウが課に戻ろうとすると、ハギョンがユジンと話すところを見ていたことに気づく.

オム・ドンハンは自宅に帰ると、妻はドンハンの突然の帰宅に戸惑い、娘は他人行儀でよそよそしかった.ドンハンは、妻に本庁異動をメールで知らせており、妻はメールを見ていなかった.長期間単身赴任をしてきたドンハンの居場所はなかった.

ハギョンがマンションに帰ると、ギジュンからTVや家電が送られてきた.全てネットのフリマに出品し、TVの取引相手からTVの元値は122万ウォンと知らされる.124万ウォン出費していたハギョンはギジュンに騙されTV代の半分どころか代金以上に支払っていたことに気づく.

怒りで朝4時まで眠れなかったハギョンは、早朝出勤し資料室で気温低下の原因を調べる.そこへシウも出勤してきて、調査の手伝いをはじめた.
シウは「局長に呼ばれて出向したわけじゃない.僕の彼女を奪ったのがハン報道官で、そいつと破談したのが課長だと知ったから気になった」と説明した.
ハギョンは「社内恋愛はするもんじゃない.破談は近所の野良犬にも知られている.それで、どうだった?」と話す.
シウは「胸が痛むと思ったが案外平気だった.あんな男かと分かったから気が楽」と答えた.
ハギョンは「情けない男なの.だから余計に腹が立つ.あんな男に振られたなんて」と愚痴ると、シウは「スイスに行くの?僕としては、もし逃げのつもりなら行かないでほしい.浮気は相手の心に傷を残す.大なり小なり」と言う.

2人は早朝の屋上で息抜きをする.
深呼吸をするシウは「なんだか氷のにおいがする.前回の寒波の時、シベリアが大被害だった.その氷は今どうなったと思う?」とハギョンに話す.ハギョンは再びシベリアの氷について調べることにした.

ハギョンは気象検討会でオホーツク海の氷の影響で、気温が低温になっていると説明し、局長も納得していた.

ハギョンはシウに「オホーツク海の氷の匂いがなぜ分かるのか?」と尋ねる.シウは「匂いを分かるはずがない.資料を読んだから」と答えた.シウは一晩中資料室で調査していた.原因が分かった時にハギョンが資料室に出勤してきた.しばらくハギョンが調べているのを見ていて、声をかけていた.

ハギョンに姉から、ギジュンからマンションの半分を渡す内容証明が送られてきていると電話が入る.

怒り爆破のハギョンはギジュンの部署に行き、大声で呼び出す.廊下でハギョンはいきなりギジュンを平手打ちする.そして内容証明について質問した.
ギジュンは謝ったのにしつこいといい、ハギョンは「1回だけ謝った.10年付き合って、浮気はしょうがないとして、別れる瞬間まで申し訳なく思うべき.部屋をくれると言ったのはあなた.あの場から逃げたくて言ったのか?私も非はある」と言う.
すると、ギジュンは「この10年間職位が上だからと振り回され、こき使われた.君のご機嫌取りはたくさんだ.思い出すだけでヘドが出る.1人でマンションを独り占めするのはずるい」と反論する.
ハギョンは「マンションは引き払った.手付金2000万のうち、ギジュンが支払った500万.その他の費用は全部私持ち.あなたの取り分は7%.その内、ちょろまかしたTVの代金を引いて返金する.半分だなんて厚かましい.」と答える.
ギジュンのスイス行きは?という質問にハギョンは「せっかく課長に昇進したのに行かない.気まずいなら、あなたがスイスに行けば!今後は赤の他人よ」ときっぱり答えた.ハギョンは局長室に行き「スイスには行かない.課長として頑張ります」と宣言した.

帰宅するハギョンを、シウは呑みに誘った.
人とは呑まないハギョンは、「ギジュンとは大学からの付き合いで同期で入職.社内恋愛はやめるよう先輩に言われ、交際は秘密にしていたが、歓迎会の時に飲み過ぎて、私がばらした」と話す.
シウは「結婚式でブーケトスの時、ブーケを受け取って逃げた.花嫁を誘拐するよりマシ」と打ち明ける.気を良くしたハギョンはシウと乾杯しお酒を飲み始める.

シウは「ユジンは本当に好きだった.結婚式で嫌がらせしてスッキリした.ユジンは貧乏くじを引きやすい.彼女を選んだのはハズレ」と暴露する.ハギョンもギジュンの悪い所を話し始める.シウは「なぜそんな人と結婚しようとしたの?」と尋ねると、ハギョンは「それでも好きだった.嫌いなところも許せた.彼にとって自慢の彼女だと思っていたけど、そうじゃなかった」「でも気づいてよかった.自分に傷ついたことを知って、どうすべきか答えが出たの.おかげさまで」とシウにお礼を言った.

ハギョンは「もう社内恋愛はこりごり」と話すと、シウは「人生どうなるか分かりませんよ」と答える.ハギョンは「絶対に社内恋愛をすることはないと思う」と断言する.

局長とオム・ドンハンは課で囲碁をしていた.
課長は嬉しそうに、「ハギョンが予報局に残り、課長として頑張ると言ってくれた.オムには昇進を待ってもらうことになる」と話す.オムは役職が欲しくて来たわけじゃないと答える.

朝、ハギョンが目を覚ますと、隣にはシウが裸で寝ていた.

ハギョンは「ゴメン.この事態に心から謝りたい」と言う.シウは「お互い合意の上では?それに僕は嬉しかった」と言う.

昨夜、2人は酔っぱらって店を出た後、キスをしホテルに向かっていた.
ハギョンは「昨日のことはハプニング.クールに大人らしく、いい感じでいよう.来週は首都圏庁に戻るでしょ.私は課長として頑張る.特に社内恋愛はあり得ない」と話す.シウは「実は来週から2課に異動の辞令が出た.大人らしくいい感じに頑張りましょう」と話す.

ハギョンは頭を抱え「どうにかなりそう」と呟く.

以上です.

感想

ハギョンのギジュンへの反論、最高でした!
そして、いきなり再び社内恋愛⁉
ハギョンとシウのペアは、とてもピッタリでお似合い♡

シウの『浮気は相手に傷を残す』の言葉は、ハギョンだけじゃなくシウ自身も感じていたのでしょう.恋愛の傷は恋愛で癒すのが一番だから、シウとハギョンは自然な流れですね.

最低男ギジュンは、第1話以上の最低さに引くレベルです.今は新婚ユジンに優しいけど、今後豹変すると予想!
第1話で、ハギョン母が『荒々しい性格で配偶者との縁が薄い』と話していたし...

社内恋愛を絶対にしないと宣言するハギョンと、一途そうなシウとの社内恋愛は、どんなふうに展開していくか楽しみですね♪

 

第3話 詳細なあらすじ

韓国ドラマ「気象庁の人々」第3話 詳細あらすじ
パク・ミニョン、ソン・ガン主演「気象庁の人々」第3話 詳細あらすじをまとめています.

 

第1話の詳細なあらすじはコチラからどうぞ
韓国ドラマ「気象庁の人々」第1話 詳細あらすじ

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました.

タイトルとURLをコピーしました