韓国ドラマ【スノードロップ】相関図,登場人物・組織・役職を解説

スポンサーリンク
スノードロップ 相関Disney+配信
スポンサーリンク

Disney+独占配信のチョン・ヘイン,ジス主演『スノードロップ』のドラマの概要,相関図,登場人物の紹介をしています.

 スノードロップ 概要

1987年民主化運動の激動の中、突然女子大の寮に血まみれの男スホが飛び込んできた。厳しい監視と危険な状況で彼を介抱した女子大生ヨンロと恋に落ちるが、スホの正体は北朝鮮から潜入していたスパイだったーヨンロもまた、知られてはいけない秘密を隠しながら惹かれ合う二人。抗えない運命を背負い、許されぬ愛に導かれていく二人の切ない初恋を描いた極上のラブストーリー

  • 監督:チョ・ヒョンタク
    (『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』『魔女宝鑑~ホジュン、若き日の恋~』)
  • 脚本:ユ・ヒョンミ
    (『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』『ゴールデンクロス 愛と欲望の帝国』)
  • 制作:JTBC Studios
  • 放送:JTBC 土・日曜 22:30~
    Disney+ 日・月曜 0:10~
  • 放送期間:2021.12.18~ 2022.2.6 (全16話)

韓国公式サイト

Disney+予告

 

 

登場人物一覧

主要人物

役名俳優
イム・スホ
/リム・テサン
修士論文を準備中のベルリン大学の経済学部大学院生。27歳。
実は北朝鮮の工作員であり、国家安全企画部から追われている。
チョン・へイン
ウン・ヨンロホス女子大学英文科新入生。20歳。女子寮のムードメーカー。
合コンで出会ったスホに一目ぼれし、
勇気を出して声をかけたことからスホと仲良くなる。
キム・ジス
カン・チョンヤ大学病院で働くカリスマ的で熟練した外科医.34歳ユ・インナ
イ・ガンム国家安全企画部対空捜査1局チーム長 36歳チャン・スンジョ
ピ・スンヒホス女子大学寮の寮長 43歳ユン・セア
ケ・ブノクホス女子大学寮の電話交換手,経済的な問題で大学に行けなかった 24歳キム・へユン
チャン・ハンナ衝動的であるが情熱的な国家安全企画部エージェント 32歳チョン・ユジン

国家安全計画部関係者

役名俳優
ウン・チャンス国家安全企画部長でヨンロの父ホ·ジュノ
ナム・テイル愛民党(与党)事務総長パク・ソンウン
アン·ギョンヒ国家安全企画部 対共捜索局 局長イ·ファリョン
ホン·エラウン·チャンスの妻、ヨンロの継母である元映画女優キム·ジョンナム
チョ·ソンシムナム·テイルの妻チョン·ヘヨン
チェ·ミヘファッションデザイナーで、アン·ギョンヒ の妻ペク·ジウォン

ヨンロ周囲の人々

役名俳優
コ·ヘリョン声楽科の4年生、ヨンロの寮友チョン·シネ
ヨ·ジョンミン4年生の歴史専攻の学生、ヨンロの寮友キム·ミス
ユン·ソルヒ家政学科1年生,ヨンロの寮友チェ·ヒジン
チェ·ビョンテヘリョンが好きな陸軍士官学校の士官候補生アン·ドング
キム·マンドンホス女子大学寮 施設管理人キム·ジョンス
オ·ドクシムホス女子大学寮の食堂の調理人ナム·ミジョン
キム·ジョンフンマンドンの息子でギャングキム·サンボム

スホ周辺の人々

役名俳優
チュ·ギョクチャン北朝鮮工作員キム·ミンギュ
ウンチョル北朝鮮工作員チャン·インソプ
オ·グァンテヘリョンが好きな韓国大生
スホと同じ下宿人
ホ·ナムジュン
リム·ジロク統一戦線部副部長 (スホの父)チョン·ムソン
チェ·スリュン国家安全保衛部副部長チョン·エリ

 

相関図・登場人物

主人公

スノードロップ

イム・スホ(チョン・へイン)

本名 リム・テサン ,北の工作員 ”大同江第1号”   (27歳)

  • 新林洞の”ペグル下宿”の下宿生の間で「パク・ジュンヒの経済開発政策」をテーマに修士論文を準備中のベルリン大学経済学部の大学院生として知られている。
  • 野党の大統領選候補の経済ブレーンである韓国大学教授「ハン·イソプ」を抱き込み、北朝鮮へ渡るよう命令を受け、87年4月、ソウルに潜入する。 ハン·イソプ教授の助手であるオ·グァンテと親交を深めていた時、グァンテに頼まれて出た初の合コンで一人の女性と出会った。
  • 背景
    天才的な才能を持った音楽家だった父親が反動分子のせいで咸鏡北道茂山(ハムギョンプクト·ムサン)炭鉱に追い出された時、白頭山(ペクトゥサン)であり中央党の核心幹部の娘だった母親は離婚を選択し、彼と妹と父親を見捨てた。
    その後、「革命家」になれと祖国から呼ばれて工作員を養成する「金星政治軍事大学」を卒業.
    素手で人を殺す最上級の武術である撃術から射撃、潜水、その他など地獄よりも厳しい訓練に耐え、鉄のような体力を所有する工作員として生まれ変わった。
    海外任務を任されて東ドイツに行く前、鳩のペンダントネックレスを彼の首にかけ、「必ず、無事に帰って来なければならない」と言っていた妹のスヒは、彼が祖国よりも愛する唯一の存在だ。
    必ず生きて帰りたいという気持ちでヨーロッパ一帯で工作をしていた。

ウン・ヨンロ(キム・ジス)

ホス女子大の寮の中にも個性豊かな女子大生が集まった207号のムードメーカー。(20歳)

  • ぴょんぴょん走り回る姿がリスのようにかわいくて愛らしい。 それだけ寮生活が楽しい。 もう一人じゃないから大好き。
  • 寮に入所した日、祖母が包んでくれた餅を寮中の部屋に配って回ったことから「餅屋の娘」と呼ばれている。
  • 10歳の時に母親が亡くなり,継母との争いの末,彼女は田舎で育った. 大学の新入生になるまで一度も彼女を探していなかった父(ウン・チャンス)がデモしていた兄まで容赦なく軍隊に行かせた.
    人より劣った父が本当に憎い. その孤独な気持ちを抑えきれない時は、一人で窓際に座って紙飛行機を飛ばしたりする。 そのように本音を乗せて紙飛行機で飛ばして節度ある心を解くことは彼女だけの秘密になったのに…

 

  • 寄宿舎のルームメイトたちと一緒に出た合コンで紙飛行機の折り紙が上手な男、イム·スホに会って一目惚れしてしまう。 スホに勇気を出しデートを申し込んですっぽかされた。布団をキックしながら失恋の傷に耐えていたある日、彼が血まみれになって207号に飛び込んでくる。 彼を助けようとした彼女は、ピ・スンヒの寮則にもう一度かかったら207号の女子大生4人寄宿舎から追い出される危機に瀕しているにもかかわらず、ルームメイトたちを説得して彼を寮の中に隠して治療し始めるが…。

国家安全企画部の人々

スノードロップ

 

カン·チョンヤ(ユ·インナ)

大学病院の外科医(34歳)

  • <コード1>の寵愛を受ける権力ナンバー2『ナム·テイル』のそばで彼の妻チョ·ソンシムの信頼を受け、家族主治医として、ナム·テイルの内縁の女として生きている。
    満3年たち、大統領選候補に挙げられるナム·テイルを子猫として手なずけているが…
  • つかつかと手術室に入る時は信頼感あふれる能力のある医者だったが、赤いハイヒールを履いて座って相手を圧倒する時は濃艶。
    純潔で献身的な修道女のようで、無所不為の権力を振るう帝王さえも、一瞬にして壊れたおもちゃにしてしまうサロメのようで、メドゥーサのような女。
  • 一寸の誤差もなく緻密で慎重であるにもかかわらず、突然剣闘士のように猪突的で勇猛無双で、どうしてもその心の中を、その正体を推し量ることができない。

イ·ガンム(チャン·スンジョ)

国家安全企画部対北捜査1局チーム長(36歳)

赤を取る一筋で歩いてきた男。
治安局警部補だった父親は、スパイを追っていたところ、奴の銃に撃たれて死亡した。 スパイを捕まえて亡くなった父の誇らしい息子でありたくて安企部に入社したが、スパイを捕まえるのではなく「作る」安企部の行動に幻滅を感じ、対北朝鮮工作を担当する海外部署を志願した。 熱く愛した女性も残したまま。

  • 南北工作員たちが最も熾烈に戦う境界都市、皆が忌避する危険地であるベルリンに派遣された後、「大同江1号」を追って数年。 やつがソウルに忍び込んできたという情報を入手し、必ず捕まってみせるという一念でソウル本部に戻った
  • ミッションを完遂しなければならないチーム員が、彼が一方的に別れを告げた初恋の人チャン·ハンナだった。 突然、どうして私を見捨てて去ったのか、その理由を知りたくて安企部要員になったという彼女。 相変わらず頑固な愛しい彼女の前でドキドキする心臓を隠したまま、冷たく仕事に没頭する…。

チャン·ハンナ(チョン·ユジン)

安全企画部対北捜査第1局要員 (32歳)

まったくどこに飛ぶか自分にも分からないほど衝動的で多血質だ。 感情に率直で率直だ. 望むのは最後まで持つべき頑固さに自分の主張を屈したことのない一匹狼、一言で言えば組織生活に最も不適切なキャラクター。

上司たちに最も多く言われる言葉も、「お前のようなものが、なぜ安企部の要員になったのか」ということだ。 それでも「百人力」というニックネームで呼ばれる。

詐欺、権謀術数、世渡り術で「成功」だけのために走ってきた極めて俗物的な両親の下で成長した。 その立派な努力のおかげで、国会議員バッジをつけた父親を嫌悪してきたが、そんな父親とは180度違う価値観を持つイ・ガンムに会って「死んでもいい」恋に落ちた。

ところが、彼は突然別れを告げ、姿を消してしまった。 煙のように消えてしまった男を探して半年間さまよった。 彼が安企部の要員になったということを…。 それで国家安保と国民保護のために献身するという考えもなく、安全企画部要員になったが…

ウン·チャンス(ホ·ジュンホ)

国家安全企画部 部長(56歳)

学徒兵として韓国戦争を経験した後、陸軍士官学校に進学したが、「本の虫」というニックネームで呼ばれるほど文人気質が強い軍人だ。

実際に陸士卒業後、韓国大に編入して国文学を専攻したほどだ。 詩が好きで柔順で繊細な自分の性格を知っているため、野戦軍人よりも陸士教授が適していると判断したためだが、5.16政変が起こってしまった。 仕えていた司令官が最後まで反対し連行されると、彼もやはり営倉生活を送った。 陸士内の私的組織である「同心会」のメンバーであるにもかかわらず、12·12事態の時はまったく同調しなかった。 厳然たる政治に中立を守るべき軍人が、非正常的な師団を動員することは決して容認できなかったためだ。

それで軍人人生終わりだと思ったのに… <コード1>はそのことについて一切の言葉も出さずに彼を依然として信頼し重責を任せた。 彼はそうやって<コード1>の’男’になってしまった。 おかげで「同心会」のメンバーたちは露骨に牽制と嘲弄をしていた。 前任の安全企画部長であり、陸士の後輩でもある南泰壹(ナム·テイル)に「名節には新年の挨拶をする」という噂が広がっているほどだ。 そうであればあるほど<コード1>の信任を得ようと自らのコンプレックスから脱するために最善を尽くした。 「コード1」を徹底的に擁護することだけが恩返しの道であり、愛国だと信じていたからだ。

ナム·テイル (パク·ソンウン)

愛民党 事務総長 (54歳)

  • 陸士の中核私組織である「同心会」の中核メンバーとして安企部長、国会議員を経て与党事務総長までなり、<コード1>の腹心でありセカンドマンであると自負している。
  • 肝っ玉が据わっている 大きな体格に力強い声で「虎将軍」と呼ばれるほど気迫もすごい。 実際、韓国軍に機関銃を撃った北朝鮮軍を打ち破るために、北朝鮮に4度も侵入し、敵の小隊を一網打尽にするほど正統な戦軍人。
  • 「五野分」気質に富む猛将といわれているが、王の寵愛を渇望した九重宮殿の側室は、あっちこっち行けと言われるほど「嫉妬の化身」である。
  • 自分が「ナンバー2」であることを幼稚に誇示しようとする裏面には彼が同心会会員たちの間で密かに「裏切りのアイコン」と呼ばれるからだ。
    12.12事態の時、クーデターに積極的に参加するために自分の命を3度も救ってくれた直属上官を裏切り、結局恩人である司令官を死に至らしめた履歴は、愚直に上官の意に従ったウン·チャンスを<コード1>が信任するほどみぞおちの先を突くことになる。 そのコンプレックスを刺激するウン・チャンスを取り除きたい。 奴を殺す機会をつかむために「安企部長」である彼を尾行、監視、盗聴する専担職員がいたほどだが…。

アン·ギョンヒ (イ·ファリョン)

安企部対北捜査局長(46歳)

  • 卓越した知略や状況判断、人脈管理を武器に、うなぎ上りに出世した。 中央情報部が解体され、大規模な粛清作業でも生き残り、国家安全企画部対北捜査局長にまでなった。
  • 正統「情報マン」として生きながら身に染みて学んだ鉄則は、権力は本来主人である国民にあるものではないという事実。 国家安保はすなわち政権安保であり、安全企画部長は統治権者のためにだけ存在する機関の長という事実だ。 ハングルも知らない無知な軍曹たちが要職に座って予算を削減し、補職を勝手に人事処理しているため、怒りが爆発して暮らせない。
  • 政治家のように「安全企画部長」の席に座ると夢見て、誰が自分の縄になるか、ウン·チャンスとナム·テイルを同時に支えているところだが···。

ホン·エラ (キム·ジョンナム)

ウン·チャンスの妻、元映画俳優 (50歳)

  • 元俳優らしく洗練された話術に気品があふれている。 次第に大統領選候補をめぐり、夫のライバルとされるナム·テイルの妻のソンシムの前では目立たないように気をつける。
  • 優雅さを装う彼女の唯一の弱点は、夫はチャンスと初婚ではないという事実。 年老いて息子まで生んでくれたのに、絶対彼女の思い通りにならない夫のせいで怒りがこみ上げてくる
  • 軽薄なチョ・ソンシム は軽く踏んで、必ず大統領夫人にならなければならない. その目標に向けた推進力、突破力はまさに竜巻級。
    彼女の野望に向け着々と計画を進めている最中、夫が権力の座に就く方法があるという巫女の言葉に飛びつき、折から起こった事件に神経を尖らせ始めるが…。

チョ·ソンシム (チョン·ヘヨン)

ナム·テイルの妻

  • 将軍の娘。上司の命令に服従する階級社会で父の階級順として生きたのだから、自分がこの世の「中心」だ。 太陽さえも自分を照らす照明に過ぎない。
  • チェ·ミヘのサロンを出入りする貴婦人たちの「女王」だと自負している。 部下に刀剣を贈る夫のように、夫人に「誠心」と刻まれた包丁をプレゼントし、軍人の妻、政治家の妻としての内助の道を訓示することを楽しむ。 贅沢で華やかなスタイルに、どうしても本音を隠せないストレートな話法で、いつも批判の的になり、夫のナム·テイルに否定的なイメージだけを与えるという事実は、彼女だけが知らない真実。
  • 人の言葉を額面どおり信じてしまう性格に、何の疑いもなく初めて会った人にも財布を預ける愚かさが魅力と言えば魅力。

チェ·ミヘ (ペク·ジウォン)

アン·ギョンヒの妻、ファッションデザイナー

  • 成功と出世のためのお世辞は基本、中傷謀略もしばしば「堂々と」愛用する。
    手腕にもたけて服装の塾に通う やめてフランスで数カ月転がった履歴で明洞に「シャルマン」という衣装室を開き、核心権力層貴婦人たちの常連サロンにした。
  • 副士官だった父親の下で育ち、いくら優秀であっても、階級の前では無用の長物であることを早くから悟った。 軍人の妻だった母親もやはり夫の進級のために生きていたからだ。
  • 「安企部長」を夢見る夫より野望も欲も一枚上手。
    ホン·エラとチョ·ソンシムの間でニコニコ機嫌を取ってはいるが、いつも2人の女性を踏みしめてみせるという野心を抱いているが…。

ヨンロの周囲の人々

スノードロップ

 

ピ·スンヒ (ユン·セア)

ホス女子大寮の寮長(43歳)

  • 「カチカチ」、歩幅さえ正確な彼女の足跡の音を聞いただけでも寮生たちは叫んだりする。
    氷のように冷たい表情に真夏にも足先まで下がってくる黒いスカートに黒いマフラーを巻いて歩き回り、不気味なムードを漂わせる女性。
  • 学生たちはもちろん、手足のように使う電話交換員のケ·ブンオクにまで「息の詰まる」ルールを決めておいて、一度も例外も許さない過酷な原則主義者。
  • 刺しても一滴の血も出そうにない彼女を見て、寮の中には噂が広がっている。
    結婚もしていない女性が大晦日になると、必ず行き先の分からない外出をする.
    前任者が自殺した4階の屋根裏部屋を閉鎖したのは、前任者の死と関係があるからだとか。
    そのように陰険なうわさをさざめく生徒に、鬼神のように「口を守る者は自分の生命を保全するが、唇を大きく開く者には滅亡に至る」聖書の一節を暗唱させ、見るだけでも身の毛がよだつ思いだが…。

ケ・ブノク (キム·ヘユン)

ホス女子大寮の電話交換員 (24歳)

  • 360人の女子大生が住んでいる寮に電話はたった2本。
    朝8時から夜9時まで13時間もかかってきた電話を取り替えることも大変だが、彼女を操るピ・スンヒから受けるストレスは極度に達するほどだ。
    学生たちが彼女を「ケ・ブノク(桂糞玉)」の名の代わりに、「鷄糞屋」というニックネームで呼んでいるようで腹が立つ。
  • 大学に受かっても授業料がなくて進学をあきらめなければならなかった。
    ホス水女子大の寮に勤めていると、女子大生たちと私の違いに怒りを覚える。
  • 彼女をためらわずに「お姉さん」と呼び、彼女のそばで電話に出るアルバイトをする勤労奨学生のヨンロが唯一好き。
    ヨンロのおかげで「ロミオとジュリエット」の願書を胸に抱いてキャンパスを歩くと、まるで英文科の学生になったようだ。 ヨンロの部屋の学生たちの合コンに積極的に自分が出ようとする。

コ·ヘリョン (チョン·シネ)

ホス女子大声楽科4年生(23歳)

  • 「ホス女子大マリア·カラス」と呼ばれるほど華やかでセクシーでカリスマ性溢れる容姿に、各種コンクールで優勝した経歴で、すでにTV出演まで経験した大学最高のスターだ。
    寮のポストは彼女に宛てた手紙ではちきれそう. 彼女が世界的なプリマドンナになることを誰もが信じている.
  • 家父長的な世界観、男性中心主義思考を嫌悪。
    伝統を拒否し、心臓が鼓動する自由恋愛主義者のおかげで多くの男性と浮き名を流しているが、全く気にしない。

ヨ·ジョンミン (キム·ミス)

ホス水女子大史学科4年生

  • キラキラした女子大生の間では一年中ジャージ姿に黒縁メガネ、三色スリッパを持ち歩き’考試生’と呼ばれている。
  • 寄宿舎の読書室で夜を明かすのが常。
    専攻や国家試験の勉強でもなく、アンダーサークルセミナー用の禁書を読んでいる。
  • より良い世の中のために悩む彼女の目に、お嫁にでも行こうと思うソルヒと自由恋愛主義者だと言って騒ぐヘリョンは情けない。 「餅屋の娘」ヨンロの兄がデモ中に強制徴集されたという事実を知り、ヨンロを強い愛情で面倒を見る。

ユン·ソルヒ (チェ·ヒジン)

ホス女子大家庭管理学科1年生

  • 寮に入所した初日、豪華な外車に乗ってきた上、服や靴、布団など、使う物がブランド品であることから「財閥娘」と呼ばれている。
  • 彼女の人生の目的はただ一つ、嫁入り道具として良い奥さんと言われること。
    そのため、ホス水女子大学家庭管理学科を選んだ。 入学するやいなや、陸士の生徒や法学部、医大生だけを選んで合コンする「腹黒い」現実主義者であるにもかかわらず、人に嫌われることを恐れる臆病さ。

オ·グァンテ  (ホ·ナムジュン)

コ·ヘリョンの恋人、韓国大生

  • 行政試験1次合格者という自負心が天を突く。
  • 貧乏がコンプレックスなので’金持ち’は男女を問わず好きだ.
  • ヘリョンが自分と二股をかけていたことに激憤し、寮に追いかけてきたが、思いがけない事態に巻き込まれてしまう。

チェ·ビョンテ (アン·ドング)

コ·ヘリョンの恋人、陸軍士官学校生徒 (23歳)

切れ味のいい戦闘靴、切れ味のいいユニフォームに直角歩行まで、非の打ち所のない外見と軍人精神で武装したと自負したが、実戦に弱い。 軍事理論はもちろん、空輸訓練と遊撃訓練まで渉猟し、もうすぐいわゆる「任官」を控えた身なのに、自分では納得できないほど怖気づく.それにもかかわらず、制服を着た男らしく、格好よく軍事理論を総動員して口で作戦を立て、自分は指揮官なので絶対に行動に移すことができないと言い張る合理化の達人。

キム·マンドン (キム·ジョンス)

ホス女子大寮の施設管理人(67歳)

高血圧、糖尿、関節炎を患っている。 糖尿の後遺症で緑内障まで患っているため、毎晩3、4個の目薬をさすのも面倒で、薬を飲むのも面倒だ。 万事、面倒くさい。 何か直してほしいと尋ねると、あまりにもぐずぐずしていて、訪れた人まで一緒に泣き言を言うが、地下2階の小部屋で灯りをつけて座り、故障した時計など直してくれるマクガイバー顔負けのおじいさん。
ニックネームが’ハルガイバー’だ。

オ.ドクシム  (ナム・ミジョン)

ホス女子大寮のキッチンおばさん(58歳)

心温まる気持ちで豊かで、寮生たちの母親のよう。
死神のようなピ・スンヒが1ヵ月に1度外出して帰ってくると、必ずお酒を飲んだりおつまみをくれたりする。存在だけでも頼もしい彼女が、いったい韓国戦争の時、どんなことを経験したのだろうか。 極度のストレスを受けると戦争トラウマが発現して時限爆弾のような人物になるが…

キム·サンボム (キム·ジョンフン)

キム・マンドンの息子、暴力団員の男(32歳)

世の中に対する不満に満ちている. 自分がこの年をとって暴力団になるのは、まったく父親のせいだ。 自分より幼い行動隊長に何度も殴られるのも全部父親のせいだ。 とにかくできないのはすべて父親のせいだ。 5歳の時に中東へ出稼ぎに行った父が、20年ぶりに現れて死んだ母の安否を尋ねた時は本当に面白くて!

スホの周囲の人々

スノードロップ

 

チュ·ギョクチャン (キム·ミンギュ)

工作員 (26歳)

工作員を養成する金星(クムソン)政治軍事大学を卒業したよく鍛えた刀剣、性能の良い武器のような男。 祖国に対する信念に満ちた冷徹、冷血な工作員で筋肉質のがっしりした体つきはもちろん、脳までも鍛えられた全く別の考えはしない。 当然冗談も通じない. スホと生死を行き来する工作活動をしながらも、時間が経つにつれ組長であるスホと対極点に立つ。

リ·ウンチョル (チャン·インソプ)

工作員(22歳)

金星(クムソン)政治軍事大学時代から尊敬してやまなかったスホを助けるという任務に就き、初めて韓国に派遣された。 任務を全うして帰って共和国英雄の称号を受け、愛する母親をベンツに乗せて平壌市内を一周するのが願いの少年兵のような工作員。

リム・ジロク (チョン·ムソン)

統一戦線部副部長(64歳) スホの父親

卓越した知略と策略に交渉能力まで備えた老獪な政治家。 韓国情勢に通じている。
どのような状況でも黒や白で正面突破せず、右折術で虚虚実実、結局相手の虚点を突いて利得を得る徹底した実利主義者だ。
現在、彼が追求する目標はただ一つ、お金! 金もうけのためならできないことはない.

チェ·スリョン (チョン·エリ)

国家安全保衛部副部長 (53歳)

自分の存在根拠はただ一つ、党に対する忠誠心だけ。 実利主義を標榜し、自分の利益を守るためなら、羅津港に米軍も駐屯させる偉人である「リム・ジロク」を除去しようと血眼になっている。

 

*出典:JTBC公式サイト

組織 解説 【随時更新】

同心会について

陸軍士官内の私的組織

権力の順位

順位役職・背景配偶者
”コード1”詳細不明 (大統領?)
ナム・テイル愛民党 事務総長
安企部長、国会議員を経て与党事務総長へ
チョ·ソンシム
愛人:カン・チョンヤ
パク・ヨルム愛民党 党首
ウン・チョンス国家安全企画部部長ホン・エラ
アン·ギョンヒ国家安全企画部 局長チェ·ミヘ

鳳凰作戦

  • 北が野党 大統領候補のブレーン ハン教授を北に連れ去ったようにして,野党に北からの資金が流れているように見せかける作戦.
  • 北と野党のつながりがあるように世間に見せかけ,野党の大統領選挙の敗北を狙う.
  • ハン教授を連れ去る工作員は”大同江1号”と呼ばれるスホ

国家安全企画部について

  • 中央情報部が解体され、大規模な粛清作業で、国家安全企画部になった。
  • 国家安保は政権安保
    安全企画部長は統治権者のためにだけ存在する機関の長と意味する.
  • ”コスモス玩具”の奥に,国家安全企画部がある

以上です.

ドラマ楽しんでいきましょう♪

最後まで読んでいただき,ありがとうございます.

タイトルとURLをコピーしました